きみが描いている夢が


 どんなものかは知らない


 周りが無理だろ


 と思ってもいいんだ


 夢を実現していく過程で


 能力もついていくし


 経験も豊富になっていく


 今のきみではないんだ


 夢を追いかけるということは


 力を蓄えていくということなんだよ


 だから 夢なんだ


 だから 夢を描くんだ



 そうして夢を追って


 いつの日か実現させられたら


 素晴らしいことじゃないか



 でも


 もう駄目だとあきらめるときが


 こないとも限らない


 そのときなんだよ


 きみの資質と


 その夢のテーマは


 それていたのかもしれない


 追って懸命に力を蓄えたけれど


 夢が大きすぎて


 それに到達できる力を蓄えるには


 残り時間が少なすぎるのかもしれない



 それでいいんだよ


 あきらめるんじゃなくて


 テーマや


 夢の大きさを変えて


 実現可能なものにすればいい


 もう読めるんだから


 難しくないだろ


 もう駄目だとあきらめたら 


 挫折でしかない


 駄目じゃなくて基礎ができたんだ


 その基礎に立って


 実現可能な夢に修正する


 それなんだよ


 懸命に追ってきたのなら


 駄目だと思ったときは


 夢実現への充分な基礎体力がついた


 と考えて


 夢の見直しをすることだ