ものにならないアイデアは

抱えてちゃ駄目なんだよ

 未練があったら

 新しい斬新なアイデアは浮かばない

 どんどん水に流すことだ

 つまり

 なかったことにする

 するとね

 頭の中の流れの上流から

 ドンブラコと

 いいアイデアが流れてくる

 アイデアはそういうものなんだよ


いずれは画期的なものを生み出す

核になるものがアイデアだから

駄目なものに未練を持って

脳のアイデア回路を塞いだら

優れたアイデアが入ってこれないんだよ


アート系の世界は

すべからくアイデア勝負なんだよ

勝手に僕の弟子を自認して

僕に作品を見てくれと言って

400字詰め原稿用紙で80枚ぐらいなものを

持ち込んできた人がいる

一読して箸にも棒にもかからない作品と解り

どこの懸賞小説に応募しても

1次予選にも残れないよ

と 言ったの

アイデアがないんだもの

テーマの斬新性がない

という言い方をしたほうが解りやすいかな

それがないと文体も幼稚で

筆力もお粗末

核がそこらの石ころだから

当然そうなる

まったくテーマ 発想を変えて

新しい作品を書くようアドバイスしたのに

その作品をいつも書き直したものを持ってきた。

はっきり引導を渡したよ

100年やったってものにならないから

別の道を探したら と


駄目なアイデアは

未練なくスパッと捨てられなきゃ

優れたアイデアは浮かばないの

そう

流れてこないんだ