LXl7zjTvJj.jpg

プロ野球のフアンでも

知ってる人はもう少ないかな。


武蔵野グリーンパーク球場。

収容人員 5万1000人

少し掘り下げたグラウンドは

当時としては斬新な造りだった。

わが町にプロ野球の球場ができる

大騒ぎだったよ。

最盛期は5万人が働いていた

中島飛行機武蔵製作所の跡地の1部を敷地に

完成したのは1956年5月


当時の国鉄も乗り気で

中央線三鷹駅から球場行の支線を作ってくれた。

ちょうちん行列も出たかなあ。

何しろプロ野球がくる

6大学のリーグ戦も行われる

というんだから。

始まったよ。

赤バットの川上も

青バットの大下もわが町で見られるんだぜ。

そのうち連れてってやる と父は言うし

僕の胸は高鳴った。

でも

その年だけで

プロ野球はこなくなった。

進駐軍医接収されていた神宮球場が返還になった

都心から遠いなどと

理由は僕の耳にも聞こえてきたよ。

納得できなかったな。

年が2つ明けての春先だったかなあ。

廃球場になった武蔵野グリーンパーク球場で

通っていた中学の全校生徒による

運動能力テストが行われた。

グラウンドに降り立って

みんなでスタンドを見まわし

スゲエな スゲエな と呟いたよ。

能力テストが始まって

春一番が吹き募って運動するどころではなくなった。

粒子の細かい赤っぽい土が舞い上げられて

グラウンドは5,6メートル先の見通しも定かでない

砂嵐のようになった。

目をつむって

これだ!

と 叫んだね。

プロ野球が逃げた真の理由だ。


それから2年か

巨大廃球場は跡形もなくなり

新興団地になった。


後で調べたところでは

プロ野球は変則ダブルヘッダーで

9回行われていた。


団地もとっくに建て替えられ

兵どもの痕跡のかけらすら見出せない。


ああ 1回行きたかったなあ



※ 写真は武蔵野グリーンパーク球場とは関係ありません。