_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3202.JPG


大阪城の天守閣は3回上がったかな。

エレベーターがあるのはいいが

土産物記念品の売り場がひしめいていて

天守閣をかたどった土産物館のよう。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3203.JPG
いつもがっかりするが

それでも上がるのは城下の眺めがいいから。


お城はよく見てきた。

城跡という雰囲気でもないのに

天守閣がないところもあった。

5万石未満の小藩のお城では

忠実に復元された小さな天守閣の内部構造がとても興味深く

時間をかけて各層に見入っていたなあ。

お城がなくて陣屋のところは

内部が資料館になっているところもあった。


元大藩雄藩の復元された天守閣で一般に開放されているところは

殆どエレベーターが設置されていたかな。


70歳を過ぎて旧東海道を歩き継いで完歩したが

東海地方はよくお城があった。

宿=城下町といったところかな。

天守閣には上がらずともお城には必ず入った。


只今のところ要介護3。

仕事の外出は車で行って

現場では車椅子移動になる。


ところで

大きな城郭では

大手門を潜り天守閣のある本丸に達するまでが長い道程になる。

まっすぐ本丸に行けるわけではない。

守りに徹した幾つもの曲輪を抜け

段差あり坂ありの道程である。

天守閣にエレベーターがあろうがなかろうが

段差や 坂にてすりがあろうがなかろうが

症状が落ち着いていない僕には

車椅子に乗り介護者がいても悪化の原因になる。

非力な介護者にとっても難行苦行だろう。


要介護が2になり1になり

要支援2になり1になって初めて杖で外出できる。

それも体力をつけてからでないと

本丸に達するまでへばってしまうだろう。


天守閣にエレベーターがあるかないかでの

バリアフリー論議は

無意味であることに気づいていただきたい。


要支援1になったら 大垣城 岐阜城あたりにまた行ってみたい。

でもでもでも 本丸まで行くのも無理無理無理。


城下の宿で天守閣をゆっくり見あげて美酒を味わいたい。


昔の城下の民にとって

毎日見あげるお城は心の拠りどころだったはずだから。