_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2713.JPG
シアトル在住の友が直近のメールで

用件以外のことで書いてきたことが気になる。

アメリカの市民権を得て移住し3年目を迎えるが

当地のメディアで日本のことが話題になるのは

大変少ないらしい。

もっとも

日本人的感覚で移住したから

初めはそう感じたが

3年目を迎えて欧米では

日本の話題が日本人が思うほど

欧米では興味をそそられない

ということが解ってきたという。


今の当地での話題は

ハノイでの両元首の会談一色。

日本の話題はゴーン氏がらみの日産問題ぐらいらしい。


ところで

トランプ氏も金氏も唯我独尊的で

似た者同士のところがある。


トランプ氏は民主主義国の大統領だから

批判勢力には神経をとがらせてツイッター等で攻撃し

歴代大統領には珍しく

横紙破りで専横的。


金氏は専制金王朝の3代目当主だから

地下ではともかく表面での批判勢力はない。

その点 気は楽だろう。

核開発よりも経済振興のほうが

金王朝継続の特効薬になることも

重々承知している。


ベトナムはかっての北朝鮮にとっては

自国のパイロットがソ連製のミグに乗り

米空軍のファントムと空戦を演じた地。

ハノイ上空でも迎撃戦を展開した。


立場としては戦勝国側で

ハノイには大使館も置いている。

滞在中の居心地はいいはずだ。


トランプ氏にとっても

大統領の再選を控え

ハノイ会談は人気上昇には

またとない檜舞台になる。

似た者同士で意気投合しやすいし

お互いの腹の内も読みやすい。


アッと驚くお土産を交換するかもしれない。


千両役者2人の一世一代の大見えが

世界の安定につながることを願おう。