_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2849.JPG

お~っ 入場前から人々は


見えない熱雲に包まれているぞ。


この中の1人になりたかったよ。



数年前


コミケに行ってきた若い人から


簡易な印刷で薄っぺらなコミック本を貰って


そこに漲っている


何でもありの奔放なタッチの画に驚嘆した。



ただ


稚拙なところはともかくとして


これだけ奔放だと


商業出版には受け入れられないような気がした。


それだけに


コミケに行けば


奔放と 混沌と 情熱に包まれて


自分の何かが変わるだろう


時代の未来系の萌芽を摘めるだろう


と 憧れと期待を抱いた。


行こう行こうと思っているうちに


膠原病を発症し


巨大なスペースの人混みを歩き回るのは


講演 読み聞かせ活動の仕事に差し障るので


無理なことになった。


それでも 


足に余裕があったら


ぶらぶら出かけようと思ったが


12月中旬がハードだったため


足が使いすぎの状態になった。


無念の一語につきる。


よって


ネットで熱気の一端に触れることで


少しの雰囲気を味わうことができた。


おう 大学の部活の場でもあるんだ。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2848.JPG

これは素敵だ!!!

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2847.JPG

若くて美しい未来系の


山姥もうじゃうじゃ現われるのか。


来年は症状を改善して


コミケで


チョウ未来系の山爺になろう。