CEtT8QUQXP.jpg
酒席などで
僕は男女を問わず
「今度 生まれてくるとしたら
 男に生まれたいか
 女に生まれたいか?」
 と 質問することがある。
 常にではなく
 思い立ってのことだが
 もう半世紀近くも続いている。

 僕自身は
 今度生まれてこれるとしたら
 女に生まれたい。
 理由は簡単
 女を経験していないから。

 もしも 女に生まれていたら
 今度は男に
 と 言うだろう。

ところが
そういう理由は
 男性に関してはごく少数派だった。
 男性は5人中4人ぐらいの割合で
 今度も男 だった。

 女性は5人中3人強が
 今度は男に
 という割合かな。

 聖闘士は男チームだから
 男性フアンの心を掴んだ。
 中学時代
 僕は陸上部の上級生の美しい男子生徒が
 グラウンドを走り出すと
 教室の窓から見つめて痺れた。
 当時の僕が貧弱だったせいか
 とも思ったが
 そうではない。
 熊のような雰囲気の同級生がいたが
 彼もまたその上級生に憧れていた。
 男は本能的に美しい同性に
 性的感覚で惹かれる。

 女性はどうか。
 実際の森蘭丸が美童だったか
 どうかは知らないが
 女性で森蘭丸が好きという人は多い。
 新撰組の沖田総司に惹かれる
 女性も少なくない。
 2人に共通しているの悲劇性
 それに作り上げたイメージかもしれないが
 神もおののく美形ということだろう。

 星矢は男女を問わず
 侵してはならない尊厳なのである。
 アンドロメダ瞬の女性キャラ化は
 欧米ほど男女同権思想が
 根付いていないことに対する
 忖度が働いたのかもしれない。

 しかし
 フアンの怒りはそれには関係ない。
 男女に関係なく
 フアンの怒りは
 星矢の世界の聖なる尊厳を冒とくされた
 という一点にある。