ho05sHTj6r.jpg
1つのメロン
 友よりの贈りもの
 さて
 どういう運命が待ってるのか
 
 我が家は妻と2人
 2人で食べれば
 真っ二つ
 いっぺんに食べきれないので
 半分を2人で食べても
 あとの半分は冷蔵庫へ
 僕は外にいる時間が長いので
 冷えているぞ
 と ワクワクして戻ったときには
 跡形もないだろう

 次男が歩いて5分のところにいる
 その次男を呼んで食べても
 半分を3等分だろう
 あとの半分は
 客が明日くるので
 と 次男が持って帰る

 それを避けて
 やはり
 自転車で10分ほどに住む
 長男夫婦を呼べば
 6等分ということになる
 嫁が
 お父さんどうぞ  と言う
 僕はいちばん薄いのを選ぶだろうね
 
 うん
 やはり
 事務所に持ち帰り
 ぽしょぽしょ
 毎日食べるかな

 太宰治の桜桃の書き出しが頭に浮かぶ

 子供より親が大事と思いたい

 そう言いながら
 当時貴重な桜桃を独りで食べちゃう
 親が大事と言いながら
 同じ親の妻に1粒も残さずに
 
 こいつ
 私小説風に書きながら
 随所に創作を入れるから
 本音かどうか解らないけれど
 半分 理解できるけれど
 嫌なんだよな

 桜桃じゃないから
 1粒ずつ 平らげるわけにもいかず

 じっと
 メロンと対決するしかなかったのです