スポーツ界に明るい話題が絶えないと
その国のその年のGDPは増すのではないか。
男でも女でもスポーツ好きは
スポーツ界に明るい話題が尽きなければ
常に元気が出る。
スポーツ好きのお父さんが元気を出せば
スポーツ音痴のお母さんも元気になる。
スポーツ好きの我が子が
活き活きすれば
スポーツには興味の薄いお父さんも元気をもらう。
職場でそれはプラスに働く。

サッカーもフイギュアスケートも
明るい話題が多かった。
でも
現時点で明るい話題の多さは
野球界が第1だろう。
とりわけ
松坂 大谷の両選手の大活躍は
特定の球団のフアンを超えて
野球のフアンを超えて
多くの層の人に元気を与えた。

ポンコツを入れてどうするんだ
と中日を揶揄する人は多かったが
見よ
松坂選手の不屈の野球魂を!!!
ともすれば疲労しがちの
働き盛り世代の意識を大きく変えた。
青少年に新たなアメリカン・ドリームを与えた
大谷選手の超人的な活躍については
語るまでもない。

このままいけば
今年はスポーツ界に明るい話題が満ち
GDPはグ〜ンとアップと思ったが
日大アメフト部が起こした
不祥事は痛恨極まりない。
このうえは膿を出しきり
1日も早く清算してほしい。

松坂 大谷の両選手が
シーズン終了まで大活躍を続けることを祈る。
これは楽しい祈りだ。