eQr6VZB1Gw.jpg

いただいた饅頭を楽屋で開ける
札幌では美味で知られる饅頭で
空港では売っていない

開けてすぐ僕の脳裏をよぎったのは
饅頭怖いであった
落語の饅頭怖い ではない
美味に任せたらパクパク食べて
容器の箱を空にしそうだったからだ
それをやったら健康に悪い
体型を崩して美容にも悪い

それで
食べずに置こうか
夕食は魚介の旨そうな店でもてなされる
でも 1個ならいいだろう

深刻に悩むのである
浅くても深刻でも
悩むのは簡単だ
絶えるのは難しい

散々煩悶した末
恐る恐る1個食べた
煩悶の末だけに
もとからの美味が募る思いに加算されて
譬えようもなく旨かった

これでもう思い残すことはない

しかし
その気持ちも束の間で終わり
2個目を食うか食わぬかで
デキの悪い哲学者のように煩悶し
或る結論に至った読み聞かせ&講演に加えて
主催者の代表との対話ショーもあって
長丁場になる
すぐにエネルギーに変換できる
この饅頭はうってつけの優良な食品である と

それで食べた2個目は
天国にもない美味しさだった

さて またも煩悶が始まりましたが
スタッフが呼びにきてステージに案内されたのです
開口する前に長丁場をすませたら
疲労を癒す薬として3個目をいただこう
と腹に決めました

ところが
すべてを終えて楽屋に戻ってみると
饅頭は箱ごと消え失せていたのでした


饅頭は本当に怖い!!!!!