XfWl7Wfyc6.jpg
昨日の夕方から長崎にいる。
今日は仕事で西海市に入っているが
昨夜の紹興酒と料理はうまかった。
それはともかく
今の僕は足を痛めており
歩くのは少し苦痛で
長く歩くと疲労がきつい。

仕事のときはきつくても耐え忍ぶ。
好きなことを
仕事にさせていただいている喜びと
新しい出会いで得られる感動がある。
疲労の苦痛もどこかへ飛んでいる。

足を痛めてから
義理の付き合いが
いかに脚を疲労させるか身に沁みた。
精神的にも苦痛でストレスが溜まる。
症状の悪化にてきめんに響く。
不義理をするようになった。

3分歩けば着くところでも
惜しまずタクシーを使う。
そうして脚を労わることで
するべき忍耐がより楽しくなった。

楽しい友と飲み語らう。
その場まで行くのに混んでる電車に乗るのは
不要な忍耐でタクシーに乗る。

これは僕にとって不要な忍耐で
脚に故障がない人にとっては無駄になる。
人それぞれに必要な忍耐と
不要な忍耐は違う。
不要な忍耐を減らしていけば
有益なものをより多く
得られるはずである。

そういうことで忍耐はしない。
不要な忍耐を排するようになって
心身のリズムが整ってきた。