公式戦開幕試合に指名打者として登場した
 大谷選手が初球を快音と共にライト前へ運んだ。
 その後の4打席は1三振を含めて凡退した。

 やや物足りない結果と見る人もいるが
 僕は豪打炸裂近しの前兆と見たい。

 日本時間の4月2日には
 投手として先発出場が予定されているが
 これも物足りないと見られるかもしれないが
 2,3失点でまあまあ無難に投げると思う。
 剛腕発揮の前兆と見て言い志
 運がよければ勝利投手になるだろう。

 イチロー選手や
 松井秀喜選手は多くの日本人選手は
 ほぼ完成されてからアメリカへ渡ったが
 大谷選手はけしてそうではない。
 恐るべき未完の大器として渡った。
 オープン戦や
 公式戦の開幕早々での大活躍は難しいし
 また その必要もなかった。

 大リーグという新天地で
 まずはじっくり調整に傾注すればいい。

 しかし
 大谷選手はプレッシャーに打ちひしがれない
 稀有の精神力を持っている。
 公式戦の初戦で僕がおののくように感じたのは
 そのことだった。
 初戦でホームランをかっ飛ばすことよりも
 5打数4安打を達成することよりも
 これからの大リーグ生活を通して考えれば
 重要なことだと言える。

 僕がそれほど試合数を重ねなくても
 大谷が剛腕豪打ぶりを発揮すると見たのは
 メンタルの強靭さが強く印象に残ったためだった。


 さて
 大リーグでの日本人選手の活躍は
 野球に留まらず若い人たちに
 アメリカで夢を実現させたいという希望を与えた。
 スポーツの世界だけでなく
 音楽 絵画 学術分野でのアメリカへの道を大きく広げた。

 大谷選手の大活躍は
 そのアメリカへの道をさらに大きく広げるだろう。

 と ここまで考えて
 視野の狭い思考の持ち主である僕は
 嬉しい心配に襲われたのである。
 若くて優秀で未完の人材が
 続々アメリカへ行ってしまったら
 わが日本はどうなるのだ と。

 特に学術分野の頭脳流出が怖い。

 エセ国粋主義者の僕は
 グローバルな思考でものを考えられないのでした。

     (´Д⊂グスン