b9oPHmtxoD.jpg
ステージの袖で出番を待っています。
この6、7分後
演奏者の1部入れ替えがあって
男女1人ずつのバイオリニストに
ギタリスト1人の
3人の紡ぐ調べに支えられ
僕はファンタジーの世界を語りました。
そのとき 一瞬ですが
自分の後ろ姿を生で見たい
という強い衝動に駆られました。

客席からは感性豊かに 力強く
サービス精神旺盛に
ノリにノッて演奏している
と感動しながら 歓喜しながら
思うだけでしょう。

でも
袖から見える後ろ姿には
人生の喜怒哀楽が何とも言えない
味わいですけて見えるのです。
それぞれに味わいが違いますが
巧まざる人間性を感じます。
とても親近感が増します。
自分の後ろ姿にも
自分なりの人間性が投影されているのなら
ぜひ自分の肉眼で
生のそれを感じとりたいのです。