善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや

 歎異抄で親鸞が述べている有名な言葉ですが

  初めてこの言葉と出会ったときは

 正面切って言っているのか

 比喩的な言い方なのか

 僕には解りかねたものです。

 いまだに明快に頭に響いてきますが

 その意味するところは深淵にして

 一筋縄ではいかない名言に思います。


 僕はいかなる人も善悪併せ持つという考え方です。

 それぞれの立場 環境 生き方で

 善悪の比重は微妙に変化する。

 例えば犯罪集団の中で生まれ育てば

 やはり 悪のほうに比重が大きく

 傾いてしまうのではないでしょうか。

 凶悪な犯罪を犯して

 死刑台の露と消えた人も

 100%悪の人間ではないと思うのです。

 悪のほうに大きく傾く

 生き方をせざるを得なかった

 生きる諸条件がそっちへ傾けさせた

 と思うのです。

 まじめ というのは善のほうに大きく傾いた

 状態だと理解してください。

 人の本質は普通に生まれ育てば

 善のほうに傾くようにできている

 と僕は信じています。

 だから

 自分を偽らず飾らず隠さず

 自分自身をさらけ出して生きることによって

 誰でもまじめに生きられる。

 それをまじめさの表現だ

 と僕は言い切りたい。

 
 人生はまじめが勝つ


 それを信じて

 きみには自己表現をしてほしいのです。