TxJePnbq3n.jpg


 夢を見た

 雲1つなく晴れている夜空に

 星が1つもないんだ

 僕は夢遊病者のように

 星空を求めて

 地平線へ歩いた

 いくつかの街を過ぎて

 大草原に出た

 それを縦断すると

 目の前は崖だった

 恐る恐る崖っぷちへ出て

 僕は叫んでいた


 眼下に星空が広がっていた

 見とれているうちに

 飛び込みたくなった

 泳げそうな気がしたからだった

 僕は裸になって飛び込んだ

 体を反り返らせて潜る

 星空は底なしのように

 深く深く広がっている

 僕は身をひるがえし

 星空の上に顔を出し

 深く息を吸いこむと

 イルカになったつもりで

 泳ぎまくった

 星がいっぱい体について

 金色の鱗になった

 どうしよう

 これは夢のはずだけど

 覚めそうもない

 僕はこうして

 いつまでも泳いでいなければいけないのか

 それでもいい

 恐怖も喜びもなく

 僕は泳ぎ続けた



  ※ 絵本「星空」に想を得たポエムです。

   この絵本が原作の台湾映画「星空」は

   10月28日から全国順次公開になります。