なめられてたまるか

 なんて肩ひじ張って

 構えている奴いるだろ

 なめてかかる奴には

 それがいちばんのカモなんだよ

 弱いから構えているってミエミエなの

 肩ひじ張って構えるから

 弱いところが透けて見えちゃう


 子どものとき

 体がちっこくて虚弱だったから

 見た目そのまんまだったから

 みんななめてかかる

 小学5年より分校から

 本校へ通いはじめたんだ

 本校の連中は

 なめてかかってくる

 我が家に刀のつばがあってね

 それを持ち歩いていた

 つばの穴に人差し指と中指を入れて

 相手に見せながら

 何でもないように話す

 飛びかかってきた野良犬がいてね

 おれ死んでもいいって

 こいつを道連れにできるならな

 と思って

 死に物狂いで戦ったよ

 野良犬は血を飛ばしながら逃げてったぜ

 気迫を込めて

 なめてかかった奴を睨む

 野良犬に狂犬病が

 発生した時代だった

 なめてかかった奴は恐れ入って

 それから僕をかばう味方になった


 大人になって

 ここが分かれ目

 みたいな局面のとき

 そういう気迫が出たかなあ

 今までに何度かだったけど

 気迫って

 無事に逃げたいという気持ちじゃ

 絶対に出ない

 死なばもろともって思いだよ

 向こうにそういう気迫がないときって

 勝手に崩れるよ