_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1219.JPG

 母と あるいは姉たちと

 石臼をひいている

 すぐ上の姉と8歳も離れていたから

 邪魔っけだったと思うけど

 殻のついたままの小麦種を

 幼い手に握って

 上の臼にパラリと散らす

 グルグルごろごろ回る上の臼と

 下の臼の間から

 薄い茶褐色の粉が

 伝わり落ちる

 初めうっすらと

 次第に積もっていってね

 
 その粉で母が饅頭を作ってくれた

 あんこは芋餡

 たまに小豆餡

 電気の灯りに

 黒い布をすっぽりおろし

 無言でね

 石臼だけがゴロゴロと

 
 戦後は明るくゴロゴロと

 リンゴの花ほころび

 なんて姉たちが歌った

 ゴロゴロって伴奏だったんだ

 あの石臼はどこへ行ったんだろ

 あの時代は時間が過去にしたけど

 石臼はどっかに残ってる

 この写真の石臼と

 用途が違うけど

 同じ石臼のよしみで

 知ってたら教えてくらないかなあ