gdkq3VhzEd.jpg

 笑っていいとも の

 レギュラーになって間もなく

 別の局の某番組にゲスト出演した。

 年若い6人グループの1人1人と

 ガラス越しのキッスをした。

 人気沸騰中のSMAPだった。

 そのときの10代20代30代が

 SMAPフアンの中核だとしたら

 今は30代40代50代である。

 1人途中でオートレーサーに転身し

 5人になったが

 5人になってそれぞれの個性が

バランスよく 弾きあって

 見る側からすれば

 大変痛快味が出た。

 SMAPは茶の間の

 必需品になった。

 家族みんなが

 それぞれにそれぞれを

 贔屓にして団欒の要になった。

 やがて

 個の時代になって

 SMAPのフアンも

 メンバーの誰かを

 強く贔屓にするようになった。

 SMAPが個として登場すれば

 そっちへ移り

 グループとして登場すれば

 他の4人を贔屓の個の

 ライバル視するようになった。

 しかし

 これだけ

 それぞれの個性が際立てば

 個としてそれぞれが

 自分を活かして活躍できる。

 解散騒動は

 そのきっかけであって

 それぞれが個として

 本格的な巣立ちを迎えた

 と捉えていいのではないか。

 さて

 これは僕の勝手な推理だが

 メンバーの1人は

 全く違う世界へ旅立ちそうだ。

 音楽芸能以外の才能が

 埋蔵されていると見た。

 すると残るは4人

 この活躍が際立ったら

 ♦️は誰

 ♣️は誰

 ❤️は誰

 ♠️は誰

 と当てはめてみるのも

 興味津々だろう。

 SMAPは個になって進化する。

 妄想も含めて個々の活躍を確信し

 虚空を睨んだしだいである。