誰かがやって
 うまくいったのを見て
 やるのかな。
 それじゃ
 遅れをとりすぎるから
 やらないか。
 それは解ってるか。

 要するに
 本当は真っ先にやりたいのに
 様子見をして
 誰かがやると
 遅れをとるな
 と自分を叱咤して
 やるんだ。

 2番手はいいんだけど
 ただ遅れをとるなじゃ
 1番手がこけたら
 同じようにこける。
 
 考えたことをやろうとして
 同じことを考えた人が
 先にやったんだから
 落ち着いてもう少しの時間
 様子を見る。
 その人を試金石にして
 いけるぞと判断できたら
 初めて遅れをとるな
 で充分間に合うんだよ。
 あれじゃまずいと思ったら
 やめられる。

 きみは出し抜かれたと思って
 泡を食ってるんだ。

 そうだ
 幻の2番手をいかせる。
 自分は3番手だ。
 これなら充分いい間が生まれる。
 きみはもう遅れをとることがない。
                                                          

 1番手に先を越されても