金魚になりたい

    見とれていると

    もう1人の僕が

    つぶやいた     

  
  

     わたしは

     あなたと1つの

     体でいることに

    疲れたわ         

     自分だけの体でいたいの

     あなた

     出ていって

   

               嫌だよ

  

     じゃ

     わたしを

      この壮麗な

      金魚の城に入れて       

  


                見ろよ

                金魚たちは

                みんな

                こっちを向いた

                口をパクパクさせて

                こないで

                と言ってる

                これが現実だ

                きみは偏見の城に

                 それでも行くつもりか?

  

                            それでも行きたい

                              わたしだけの

                                 体になりたい

                         
                            たとえ

                            金魚の糞になっても