ねえ あれどうした?

 
 親しい人に訊いたら

 
 ああ あれか

 あれなら昨日で飲みきった

 
 という返事でこっちは大きくうなずく

 同じワインを2本もらったので

 1本を親しい人にあげた

 そのことを訊いたのである

 
 あれのことなんだけど


 と訊いて


 ああ あれは捨てたよ


 という返事にイラーッときたことがある

 何を捨てたのか知らないが

 こっちはしらけた

 下町のうなぎ屋で1杯やろうという約束をしたので

 その日にちのことを訊いたのに


 ところで

 日常の会話に(あれ)を使いすぎている

 ことに気づいてハッとした

 子供の頃

 大人達が(あれ)だけで会話を成立させているので

 凄いと思ったことがある

 超能力の一種ぐらいに思っていたのだろうね


 今は自分たちが多用している

 そうか

  超能力なんだ

 線香花火が燃え尽きる寸前

 とても華やかになるように

 認知症になる前に

 いっとき 超能力を発揮するんだ 

 
 何だか言い訳めいて侘しいね



 

  

GtNFZIxYPj.jpg

水辺を忘れたわけではなさそうですが

 草原の鳥のイメージです

 場所はシアトルです

 近くに水辺がなくても不思議はありません

 カモは長距離を飛べますから

 もっと北の地にある湖水で

 お腹を冷やしすぎて

 この地の草地で温め癒しているのかな

 カモがネギを背負ってきた

 と騒ぐのは日本人ですが

 この地の人はカモを見て

 食欲をそそられることはなさそうです

 でなければこんなに悠々と

 芝生浴を楽しんではいられません

 


 親友なら借金は申し込んでこない

 仮にきみが羽振りよく振る舞っていても

 あいつはあいつ俺は俺

 と割り切っている

 飲食を共にしても自分の分は

 ちゃんと払うだろう

 親友にちょっとしたことを頼んで

 そのお礼の意味で高級な店へ連れていけば

 恐縮してご馳走ななるだろう

 2件目のカラオケの店は俺に払わせろ

 と言って譲らないかもしれない

 親友だから

 そして 親友だから矜持もある

 けして借りたまま知らん振りする親友はいない


 5年ぶり10年ぶり

 あるいはもっと久しぶりに現れた

 旧知の者に多額の借金を申し込まれたら

 即座に断ることだ

 くどくど窮状を伝え土下座しても

 冷静に断ろう

 返すつもりは毛頭ない

 借りられるところは借りつくして

 きみのところにきている

 強く断ろう

 あきらめてからきみを毒づくだろう

 カエルの面にションベンで聞き流せばいい

 返すつもりはなくても必死に借りようとしている

 ここで情にほだされてはいけない

 情こそ信用する人間にかけるものである

 返済されないのを承知で貸すのは

 いちばんいけない

 きみのそのわきの甘さが

 将来命取りになるかもしれない

  

↑このページのトップへ