2016年、僕は世界中の子供たちに夢を与えられるような選手になるため、そして子供たちにとって目標の選手になれるようにがんばります。 

香川真司