月別アーカイブ / 2014年08月

ファンハールがマンチェスター·ユナイテッドで働くことのメリットは、これまでのプレミアリーグの監督と違い、試合前でもオープンに話をしてくれることである。

ファンハールがこれまで発言した中で最も需要なは、彼はオールド·トラフォードで香川真司の未来が見えると言ったことです。

マンチェスター·ユナイテッドにとって香川の問題は厄介であるが一方で彼はゲームを堂々と支配する才能と技術をちらつかせている。

また、ファーガソン、モイーズどちらも今まで彼を中々どこに起用するか見つけられていなかった。

両方のマネージャーの傾向は日本代表と同じく中盤の左サイドで使っていた。いわゆる、伝統的な英国サッカーのやり方でタレントのある選手を脇に置くという戦術だ。

芝が重い時代で真冬の泥の中で足が取られるので、中盤にスタミナを置き、サイドのタッチラインのしっかりした芝に足場を見つけれる場所にタレントを置くというのは理解できるが、プレミアでそれが問題だったのは20年も前の話である。

これに加えて、ドルトムントは香川は中盤でのプレスを助けていた。

Whoscored.comによると、ドルトムントでの最後のシーズンでブンデスリーガの試合当たり1.2タックル0.5インターセプトを平均した。

この数値はユナイテッドでも比較的変わらなかった(2012-13プレミアリーグで試合当たり0.9タックル0.6インターセプトをし、2013-14ゲームあたり1.0タックルと1.0インターセプト)。

彼はフィジカルが強い選手では無いがボールを取り戻すことが出来る選手なのだ。

ただ、ユナイテッドに来て何が変わったと言うと、スターティングポジションによるものなのかもしれないが彼がゲームで影響力を発揮出来ていないこと。

2013チャンピオンズリーグ決勝の前の記者会見で、クロップ、ドルトムント時代の香川のマネージャーは、彼が10番では無くサイドでプレーをしているのを見て ”心が痛む”と言っていた。


ファンハールもほのめかしているが、ユナイテッドはバランスの悪いチームだと言う事、10番を好む選手が4人もいること、香川、ルーニー、マタとヤヌゼイ。

これによって香川が売られ、ドルトムントも彼を欲しいとThe Independentで報じられていた、だがファンハールの最近のコメントでは彼には役割があると言っている。

ファンハールは状況に応じで戦術を変更するカメレオンですが、彼の思考の一貫性は中央に3人置くことです、4-3-3, 4-2-3-1または5-3-2。

今までのオプションではユナイテッドの基本なポジションでルーニー以外の他の3人でファンペルシーの後ろを競争していただろうが、おそらくファンハールはモイーズがルーニーを起用していた時よりもワイドにプレーして欲しいと思っているだろう。

またファンハールの二つ目のオプションとしてもう一人セキュリティ面で中盤にディフェンダーを置くというのも興味をそそられる。

”私は彼を我々のシステムで6番や8番で試してみたかった、私はまた彼を10番でプレーしたいと言っていたのでチャンスを与えた”と香川をミラン戦に起用した後にファンハールは言った。

このツアーでの前の2試合でも深い位置で起用した彼のエネルギーとゲームの理解力を考えると、香川がうまく機能しない理由はありません。

ファンハールが4バックを使用した場合、香川はおそらくボランチの一人でしてプレー出来るだろう。

噂ではチームを再形成するために香川を手放すと言われるが、実際には色々なポジションでの可能性を見ている。


これを踏まえると新しい監督の下で彼の未来がある事を示唆している。

↑このページのトップへ