【スタッフからのお知らせです】
 
鏡リュウジ公式サイト「オカ研」を更新いたしました!
人気手相観 日笠雅水さんと「占い」について対談します!


日笠:
わたしはもともと本当に占いが好きで、占星術もタロットも易も大好き。ほんとうに面白い。なぜそんなに好きだったかっていうと、占ってるときは、神様と通じてる感じがするというか、占い的視点でものを考えていると神様とお話してるような感じがするからです。自分や他人とじゃなくて、トランプを切っているとそこに「あ、神様がいる」と感じて、神様と会話ができている。もう、それがたまらない面白さがあって夢中になってました。

でもこの仕事を始めてからわたしは占いは一切やってないんですよ。いわゆる占いでお金を得たこともないし、タロットカードも好きなんですが、逆に封印しました。

鏡:
少しわからなくなってきました。日笠さんのカテゴリーの中では手相は占いじゃないんですか?

日笠:
もう、全然。手相を占いだと思ったことは一度もないんですよ。私を占い師として面白いと思ってくださるかたは占いって思ってくださっていいんですけど。占い的なことはいうけど、占ってるとはあまり思ってません。

鏡:
占いの定義によりますよね? 一般的には手相は占いです。具体的な予言を日笠さんは占いって定義してるんですか?


つづきはこちらから

鏡リュウジ公式サイト「オカ研


鏡リュウジ公式サイトでは「初夏の人気占いランキング」を実施中!
1位から5位のタイトルを購入いただいた方には、より幸運が訪れるよう、<期間限定で更にもう1本、占いタイトルをプレゼント!>いたします♪(実施期間:6月23日~7月4日)
※スマートフォンサイトのみのプレゼントとなります。

20160624