【鏡リュウジ公式サイト運営スタッフからのお知らせです】

『ポケモンって、線路の上にも出ちゃうの??危ないやん、、、
おじさんは心配である。』

なんて、鏡氏が面白いつぶやきをするほど世界を賑わせている「ポケモンGO」。

なんだかこんな賑わいは、久しぶりな気がします。

そんな折、星の動きを見てみると、

7月27日(水)に、水星が逆行を間近に控えた天王星(7/30)に120度の良い角度を取ります。

『今日は何かのひらめきがありそう。
これまでの思考パターンを崩すようなことが浮かんでくるかも』と、鏡氏。

天王星は変革、改革の星。
水星はコミュニケーションや知恵の星。

まさに「ポケモンGO」のように
今までのゲームのやり方を変えてしまうような
新しい“ひらめき”が現れやすい時期なのかもしれませんね。

現代占星術において、今でこそ天王星は確固たる位置を占めていますが、
実は占星術の歴史のなかではずいぶんと「新顔」。

天王星の発見は1781年。
英国の天文学者ウイリアム・ハーシェルが新しい星を発見したことから始まります。

天王星が発見された当初は、発見者の名前をとって「ハーシェル」と呼んだり、
当時の英国王の名前ジョージ3世の名をとって「ジョージの星」とも呼んでいたそうです。

天王星は、それまで知られていた惑星の中で最も遠い星であることから、
天文学者ボーデの発案により、土星(クロノス)の父である「ウラノス」という名前を与えられました。

「ウラノス」はギリシャ語で「天」。
ギリシャ神話では「天空神」、全宇宙を最初に統べた原初の神々の「王」とされています。

まさに、「天」の「王」の「星」なのですね。

以前、鏡氏のイギリスツアーに参加した際、自由時間を利用して
ウイリアム・ハーシェルが天王星を発見した場所とされる「HERSCHEL MUSEUM OF ASTRONOMY
へ訪れたことがあります。
 
レプリカではあるものの、ハーシェルが使用していた大きな望遠鏡をはじめ
地球儀や鏡面研磨機など、今まで目にしたことのない天文機器や
(私には)使い方のわからない様々な機械が、
あたかも今でも使われているかのように展示されておりました。

音楽家であり、偉大な天文学者でもあったハーシェルは
天王星の発見以外にも、実は赤外線放射の発見者でもあります。
自分に限界を定めず、多くのことにチャレンジした偉大な学者であったと言えますね。

『「そんなの無理!」と、最初から諦めてしまうのではなく、「これもあるかも」と、心にメモをしておくことが大事な日』と、鏡氏からのコメントも。

何かを諦めそうになったときほど、
新しい変革のチャンスが訪れるときなのかもしれません。

ハーシェルが天王星を発見したように、
あなたの中に眠る「改革の種」を発見するチャンス。

ホロスコープという、星と心が織りなす望遠鏡を使って
この先起こる出来事を事前にチェックしてみて。


⇒7月30日逆行する天王星とあなたのホロスコープ上の惑星(ほし)との関係から、
今宵あなたに是非占っていただきたいタイトルを集め、あなただけの特集ページをご用意しております。
あなたのお気に入りのタイトルを見つけてくださいね。
天王星逆行特集
※プロフィールによるお届けするコンテンツが変わりますのでプロフィール登録が必要です。

line_banner_uranus_600px



【参考文献】

【鏡リュウジ公式サイト運営スタッフからのお知らせです】

2016年7月14日(木)『Basic Horoscope -ベーシック・ホロスコープ- 未来予測のテクニック』にスタッフも参加してきました!(開催:説話社フォーチュンルーム116 ちえの樹)

2週連続講座の第1回の本講座では、占いの大きな魅力ともいえる「先のことが知りたい」「これからどうなるの?」という問いに対し、現代の占星術のテクニックを使って、かなりテクニカルに「どういうふうに未来の予測めいたことをやっているのか」を学びました。

今回目玉なのではないかと思うのは鏡氏がホロスコープを見るとき、
「どんな順番でホロスコープを見ているのか」が記された資料が配布されたこと!驚
『ケースバイケースなので整理できない部分もありますが、一応、こんなことをまず見ています』と鏡氏。

「ここまで聞いちゃっていいの!?」と、いうような未来予測のテクニックがギュッっと詰まった貴重な講座内容でした。

今回のアプローチは、鏡氏が『だいぶテクニカルだったかな?』と、つぶやくほど、とても実践的でした。

出生ホロスコープは、あなただけの出生証明書。
太陽、月、土星、木星など、
自分が生まれた日の夜空を描く「自分だけのホロスコープ」がブレスレットになります。
もちろん、すべてのパーツは天然石でできており
惑星と天然石のパワーも身につけることができます。

好評につき本数限定で再販売中です!急いでチェックしてみて!

【鏡リュウジ公式サイト運営スタッフからのお知らせです】

7月22日(金)、太陽が獅子座へと移動します。
獅子座のみなさん、お誕生日おめでとうございます!

獅子座の支配星は太陽。まさに盛夏、夏真っ盛り。
今年の夏は暑くなるとの予想ですが、本格的に“ホットな夏”の到来ですね。

夏の食材といえば、キュウリやトウモロコシなどが有名ですが、
占星術上で太陽と深い関わりがある食べ物に「蜂蜜」があります。

ヨーロッパでは、蜂蜜を生み出す蜜蜂のことを「昆虫の王」とも呼んでいるそうです。
ちょうど今月の星、獅子座の象徴でもあるライオンが「百獣の王」と言われているように
「王」が鎮座する季節でもあるのですね。

蜜蜂が繰り出す8の字のダンスは、仲間に蜜のありかを教えるサインなのだそう。
しかもこのサイン、太陽の方向を基準に8の字のダンスをしているというから驚きです。
つまり蜜蜂たちは、「太陽の方向を意識して生きている」ということなのですね。

この蜜蜂たちが基準にしている「太陽」が象徴しているのは「自分らしさ」。

私たちも、蜜蜂のように「自分らしさ(太陽の方向)を意識して」生きたいけれど、
私たちが生きている現実世界では、“自分らしく生きる”というのはなかなか難しい場面が多いですね。

恋も仕事も結婚も、「自分らしくありたい」と思うほど
理想と現実の溝は深まるばかりだったり……。

『獅子座の太陽は「自分自身のかけがえのなさ」を象徴しています。
あなたは何かの肩書や所属などがなくても「あなた自身」なのです。
そのことをもう一度思い出しましょう、誇りをもちましょう。
きっと新しいエネルギーが出てくるはずですよ』
と、鏡氏。

自分らしさを取り戻したいとき、
自分の本質が見えなくなってしまったとき、
太陽からのメッセージに耳を傾けてみて。

太陽の恵みを宿す蜜蜂のように、
あなたの心にも「本来の豊かな自分」が蘇ってくるはず。

「自分」について、最もよくわかっていないのは、実は自分自身かもしれない…。そんな風にいわれることがありますね。では、あなたは自分の「何を知って」いて、「何を知らない」でいるのでしょうか?
①どう活かす?星が教える「表の顔」
②あなたの知らない本当のあなた 心に潜む「裏の顔」
③「表の顔」と「裏の顔」その距離はどうなっている?
④本当のあなたが放つ輝きと可能性とは
⑤重なり合うふたつの顔…最高の幸福を手にするために
※スマートフォンサイトからご覧いただけます。

【参考文献】
食の魔法(株式会社オレンジページ)鏡リュウジ 
 

↑このページのトップへ