こんにちは! 鏡リュウジ公式サイト運営スタッフです!

2月のバレンタインに続いて、3月はホワイトデー。
男女共に愛情を意識するイベントが続きますね♪

今日の星の動きを見てみると、なんと愛の星である金星が逆行に転じています!

line_banner_supermoon_161111.jpg
“愛情”のイベントが続いている最中にこの配置……。
惑星の逆行は「あまり良くない」印象がありますが、実際はどうなのでしょうか?
さっそく鏡先生にお聞きしてみました。

『金星は愛と美の星。
逆行する金星は、自分自身への愛を意味するように見えます。
天文学的には太陽と金星が接近していき、23日に内合となります。
イメージでいうと、自分自身の魅力をもう一度発見していくこと、
まずは自分を抱きしめて、自分を愛するところからはじめてはどうか、
と言っているように見えます。』

“自分自身の魅力を再発見していくこと”。
金星の逆行は、私たちにもう一度自分自身に立ち返ることを示唆しているのかもしれません。

私もそうですが、自分の魅力って自分ではわからないことが多いですよね。
「あなたの魅力は何ですか?」と聞かれても、すぐには答えられないのが現実。
そんなとき、不思議と「あ、そうだ!」と気づかせてくれるのが星々からのメッセージなんです。

あなたは自分のどんなところが好き?
周囲の人は、あなたのどんなところを魅力に感じてくれている?
自分を愛するために、まずは“自分を知ること”からはじめてみるのはどうでしょう。

【今日のおススメ】

こんばんは、鏡リュウジ公式サイト運営スタッフです。

3月1日の今日は、「黄金の夜明け団」が設立された日。
line_banner_0301.jpg
占い好きな方や鏡先生の講座に出られた方など、「黄金の夜明け団」の名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「魔術結社」とされる「黄金の夜明け団」。
いったいどんな団体で、どのようなことをしていたのでしょうか?
鏡先生に直接お聞きしてみることにしました。

――「黄金の夜明け団」とは、どんな団体なのでしょうか?

『1888年3月1日、ロンドンで魔術結社「黄金の夜明け」団が設立されました。
規模も小さく、長くは続かなかった団体ですが、現代の占いやオカルトに与えた影響は巨大です。
現在の英語圏で用いられているタロットの基本的な教義や意味は、この団体から出てきたといっても過言ではないのです。
この団体のリーダーをアイルランドを代表する詩人イエイツが任じていたこともあります。』

――「魔術結社」では、どんな魔術をしていたのですか?

『魔術といっても「願いを叶えるおまじない」のようなものとはまったく無縁。
この宇宙の真理を知りたい、芸術的な可能性を引き出したい、ということが目標でした。
そこでいろいろな芸術家たちもここに加わっていたんですよ。
魔法や占いといった、表の歴史の裏で動いていたもうひとつの歴史に関心を持ってみるのもいいかも。』

「黄金の夜明け団」が設立された記念日でもある今日は、“もうひとつの側面”に光をあてて、物事の心理や可能性を引き出してみてはいかがでしょうか。

今あなたが悩んでいること、抱えている想い……暗く沈んだ心の中にも“黄金の夜明け”が訪れるはず。

【今日のおススメタロット】

こんにちは! 鏡リュウジ公式サイト運営スタッフです!

もうすぐ桃の節句ですね!
毎年訪れる桃の節句、みなさんはどのように過ごしていますか?

私はといえば、可愛い小さなひな人形と桃の花を飾り、桃色のお菓子を買って女の子気分を盛り上げています!

鏡先生の著書「鏡リュウジの魔法の教科書(ぴあ株式会社)」によると、
ピンク色はときめきを与えてくれるラブカラーなのだそう。
好きな人の心を掴みたいとき、女性らしい魅力を高めたいときに取り入れると良いとされています。

桃の節句が近付くこの時期は、このピンク色を上手に取り入れて女子力アップしちゃいましょう!

そんな折、星のうえでは魚座に月、水星、海王星と3つの星が集まります!

line_banner_supermoon_161111.jpg
ロマンチックな星座である魚座に3つの星が集まるなんて、なんだか恋愛が大きく動き出す予感。
さっそくこの配置について鏡先生にたずねてみると、

『2/26は魚座の新月。この新月は海王星と合。さらに水星も魚座に入ります。
とてもロマンチックな星の配置ですね。
現実的な損得勘定だけではない、大きく広がる夢のようなものを大切にすることが重要なときです。
夢のタネをどんなふうにまくことができるでしょうか。』

3つの星が魚座に集まる今日、あなたの夢を星に託してみてくださいね。



【今日のおススメ】

★片想い終了宣言!あの人の本音と今後の展開、2人が結ばれる可能性
※スマートフォンサイトからご覧いただけます。
 

↑このページのトップへ