line_banner_todaysstar2.jpg
2020年7月7日(火)のToday's star~鏡リュウジがおくる星のメッセージ~

月は金星や火星とよい角度を取ります。
今日は愛や人間関係についてうれしいこともありそうな予感です。
あの人から連絡が来る、なんてこともあるかもしれませんよ。
またあなたのほうから連絡を取ってみるのもいいかもしれません。


あなたの今日の運勢をチェック!
※スマートフォンサイトからご覧いただけます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【新着タイトル更新!】鏡リュウジ本格鑑定!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
※スマートフォンサイトからご覧いただけます。

【Plane's Ring * Venus(金星)*ローズクォーツ】
魅力を引き出し、愛を招く
kakera_rosequartz_00.jpg


★公式ウェブサイト
鏡リュウジ占星術
鏡リュウジ公式サイト

★公式アプリ
鏡リュウジ 究極占い - 占星術(星占い)
Androidの方はこちら

恋に効く 魔法の杖

line_banner_todaysstar1.jpg
2020年7月6日(月)のToday's star~鏡リュウジがおくる星のメッセージ~

月が山羊座の大惑星の上を次々に通過していきます。
依然として山羊座満月感がたっぷりです。
社会的なプレッシャーを感じやすいときかもしれませんが、
それをしっかりと受け止めてみてください。
また社会的にも大きなニュースがあるかもしれません。

あなたの今日の運勢をチェック!
※スマートフォンサイトからご覧いただけます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
鏡リュウジ本格鑑定!今日のあなたへおすすめ占い
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
※スマートフォンサイトからご覧いただけます。

【Plane's Ring * Moon(月)*ムーンストーン】
月のパワーが愛をもたらす
kakera_moonstone_00.jpg

★公式ウェブサイト
鏡リュウジ占星術
鏡リュウジ公式サイト

★公式アプリ
鏡リュウジ 究極占い - 占星術(星占い)
Androidの方はこちら

恋に効く 魔法の杖

0705.jpg
木星、土星、冥王星が座する
山羊座で、満月(半影月食)になります。

山羊座は「社会」「責任」などを司る星座。
特に今は、
新型コロナウイルスによる大きな社会変動もあり、
既存の社会構造や自己責任といったものへの
違和感も強まっているでしょう。

対向する蟹座には、太陽と逆行中の水星も滞在。
蟹座は「基盤」「身近な人間関係」などを象徴します。

また、この蟹座では6月の金環日食に続き、
7月下旬、今年2回目の新月が起こります。

3月下旬から水瓶座に滞在していた土星の
「新しい時代の先取り」による経験や
火星の牡羊座入りによって、

7月以降は、自分や世の中への見直しが加速。

その、次なる運命の幕が切って落とされるのが、
この満月のタイミングになりそうです。

山羊座は社会との関わりが強い星座ですから、
これまでは「世の中への義務感、責任感」に
とらわれて、不自由になっていた人も
多いかもしれません。

しかしこれからは、もっと自由になり、
今までと違う角度で自分を律し、
「自分の生き様への責任感」を
抱く人が増えてくる可能性が高いでしょう。

7月は、いろいろなことが「ふたたび起こり」ます。

停滞していた物事が動き始めたら、
それはもう引き返す必要のないことです。

新しい「自律心」を身につけ、
前だけを見て進んでいきましょう。

【今日のおすすめ占いは?】
感じていますか?本気の熱視線【あなたに恋する異性】現在の関係/接近時期/今後の展開
あの人が抱いてるのは友情?それとも愛情?本命の愛への転機/出来事/望む関係の変化
新たな気持ちで次の時代へ!3ヶ月以内にこの恋は解決する?予想だにしない恋結末
今の仕事に賭ける?それとも別の道へ?心も金銭面も充実した未来に向けて、あなただけの成功ルートを大解明!!
あの人から求められるのはいつ?○ヶ月内に起こる恋の転機【抱く愛欲/体相性/最終関係】


◆◆ルナーペンダント◆◆
あなたが生まれたその日の月の「かたち」は
あなたの運命と性格をあらわし、守るといわれてきました。
このルナーペンダントはあなたを守り導く月をかたどったもの。
あなただけの月を身につけて、月のパワーを受け取りましょう!

banner_luna_pendant_530px.jpg

10004.jpg




★公式ウェブサイト
鏡リュウジ占星術
鏡リュウジ公式サイト

★公式アプリ
鏡リュウジ 究極占い - 占星術(星占い)
Androidの方はこちら

恋に効く 魔法の杖
Androidの方はこちら








↑このページのトップへ