本屋が好きだ。
特に何かを買う予定がなくても、ついつい本屋に行ってしまう。 
本が好きだから本屋が好きなのは当たり前なのだけれど、なんでしょうかあの本屋の安心感。

本棚に整然と並べられた数々の本、新刊コーナーや、手作りの宣伝Popやポスター。そのひとつひとつにワクワクしながら気がつくと用も無く本屋に足を運んでいる自分がいる。
どう考えても一生をかけても読み切れない本の中から気になった本を手に取るドキドキ感。
家に持ち帰ってページをめくるワクワクと物語に没頭出来る本という存在は幸せという以外に他無い。

今はとても便利な世の中で、自分が欲しい本はネットで直ぐに買えてしまう。
ボタンひとつでポチッと。
けれど本屋は見知らぬ本と出会うことが出来る。
本は人との巡り合わせにとてもよく似ている。
たまたま目についた本との出会いで人生が変わってしまうこともある(と思う)。

そんな本屋がいま悲しいことに減少しているらしい。実際、実家にある本屋の幾つかがいつの間にか閉店していたりして驚くことがある。

小学生のとき、近所に移動図書館がよく来ていた。(今でもあるのかな?)
移動図書館とはバスを改造していて中に沢山の本があって週に二回近所の公園の前に停まり本を貸し出してくれた。
自分はその移動図書館が大好きだった。
当時、ハードカバーの本を買うお小遣いもない自分にとって新しい本と出会う唯一の場所だった。
本を貸してくれるおじさんも好きだった。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をお勧めされた記憶がある。当時は読んでも難しくて、でもおじさんをがっかりさせたくなくて「面白かったよ」と嘘をついて返した記憶がある。
おじさんは嬉しそうに笑っていて、それからも色んな本を教えてくれた。
その移動図書館もいつの間にかルートが変わったのかもう自分の近所には来てくれなくなった。
その悲しさと、今感じる本屋さんの減少はとてもよく似ている。

「本で人生が変わる」と言うのは少し大袈裟だけれど「この本があって良かった」と思う本はある。 沢山色んな本を読むのもいいけれど、ひとつの本を何度も繰り返し読むのもいい。
自分の成長によって読み返した本の印象は変わる時もある。

本は出会いだと思う。
時々、笑ったり泣いたり、深く考えたり。
便利さの陰で失ってしまうものがあることは切ないけれど、本を読む楽しみはずっと持っていたいと思う。

そんなことを考えながらまた新しい出会いがあるかもと、また本屋さんに自然と足が向く今日なのでした。

ndmzX_LhuK.jpg


拙著『ただそれだけで、恋しくて。』の帯が増刷に伴い新しくなりました!
推薦コメントをドラマ『逃げ恥』や映画『君と100回目の恋』などで活躍されている女優の真野恵里菜さんに書いて頂きました。
自分にはもったいないほどの推薦文です。
とても光栄過ぎます。ありがとうございます。
ぜひ書店でお見かけの際は手にとって見て下さい。よろしくお願いします。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1741.JPG
Twitterで活躍されているsleepさんの書籍
『好きで好きでどうしようもない恋は、いつもどうにもならなくて』の帯の推薦コメントを僭越ながら書かせて頂きました。
帯文の依頼なんて初めてでとても緊張しました。(しかも手書きなんて……汚い字がバレバレ…

sleepさんの本はとても切なくて胸が痛くなるほど刺さるのですがどこか背中をそっと押してくれるような温かさもあり、とても素敵な本になっています。ぜひ読んで欲しい一冊です。
sleepさんのツイートを幾つか紹介させて頂きます。


↑このページのトップへ