_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6341.JPG

自分の好きなものが一つでもあると、
毎日は明るくなると思う。

例えば、好きな音楽や好きな本、
繰り返し見る好きな映画や、もちろん好きな人。
なんでもいい。

日常の中に自分の「好き」があるだけで、
落ち込んだときも、ふっとリセットしてくれる力があるように思う。

周りの意見に左右されない「好き」がいい。
人が好きだからとか、今流行ってるからとか、
そんな理由ではなく、何の疑いもなく自分が好きなものがいい。

自分の「好き」はきっと正しい。
心が動いて、求める好きは正しい。

自分の好きを貫こう。

「誰かが」じゃない「世間が」じゃない、
自分だけの「好き」は最高で最強だ。
それでいい。

FuruuiOJFP.jpg

新しい大切な人を見つけると、
どうしてその人を失うことを想像してしまうのだろう。

それはきっと今までの別れの記憶が胸に残っているからかもしれない。

本当に好きな人、大切だった人との別れほど忘れられないものはない。

別れが辛いほど、また同じ気持ちになることが怖くなる。
新しい出会いがあったとしてもその先にある別れを思って恋をすることに臆病になる。

また裏切られるかもしれない。
相手が急に心変わりするかもしれない。
過去と同じように捨てられてしまうならと思うと、相手に心を開けなくなる。

疑うことが先になり、どうしても信じ切れなくなってしまう。
悲しい別れが多いほど人を信じ切ることは難しい。
新しく出会う人は、過去の人とは全く別の人だと分かっていても怖さの方が勝ってしまう。

心から相手を信じ切れたらどれだけいいだろう。

疑うことなく心のままに愛せたらどれだけいいだろう。

人を信じるということは、自分を信じてあげることかもしれない。

過去を変えるものは、いつだって他人ではなくて自分だ。
たくさん傷ついた傷みの中から見つけるものは人を疑う猜疑心ではなく、裏切られても人を信じる強さではないだろうか。

辛い別れのたびにバカだなと思っても、信じた自分が残っているのならそれでいいと思う。

未来を作るものは確かな今で、新しい出会い一つ一つがかけがえのないものだと思う。

愛されたいと思うなら、自分から心を開く方がいい。
変えたいと思ったなら、もう変わっている心がある。

恋愛のその先に別れがあるかもしれない。
同じことを繰り返すかもしれない。
それでも一生懸命な自分でいたい。

後悔があってもいい。
その辛さを引きずったまま幸せを見つけてもいい。
そんな姿はカッコ悪くなんかないから。



---------------------------------------------------------
information

新刊
『何度も諦めようと思ったけど、
やっぱり好きなんだ』 (KADOKAWA)
予約受付中 

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6306.PNG
今日も頂いた恋愛相談にお答えします。
※相談内容の掲載の許可は頂きました。
原文のまま掲載致します。


【ご相談】


初めまして。
私は高二の女子です。

約1年前から同じ部活の男の子を好きになったんですが、今年同じクラスで仲のいい友達がその人のことを好きになりました。

私は特定の人にしか好きな事を打ち明けていなくて、その子にも言っていませんでした。

でも、その子は色んな人に好きな事を言っているので周りはその子に色々アドバイスをしたりしているし、私も相談を受けたりしています。

LINEもしていると聞いているし内容もたまに聞きます。

正直この状況はとっても苦しいです。
この状況から脱却することはできますか?


【ご相談への返信】


これはとても難しい相談ですね。
難しくて、切ないですね。

貴方がもし、彼に告白をしたとしたら、
それを知ったお友達はやはり傷付くと思います。
かといって、お友達がそのまま彼と上手く行くのを見るのも辛いですね。

お友達との関係によって、どうするか変わると思うのですが、その友達と仲の良い関係なら、自分だったら告白はせず、ずっと自分の気持ちをそのまま抱えると思います。

ただ、貴方の気持ちを無理に捨てようとか諦めようと言いたい訳じゃありません。

たとえ伝えられなくても、
好きな人をずっと好きでいてもいいと思います。
叶うことだけが恋愛じゃありませんからね。
届かない、届けてはいけない想いも立派な恋愛だと思います。

とても苦しい気持ちはよく理解出来ますが、
仲の良い友達を傷つけることを選ぶより、
静かに好きな人を想う方を自分は選びます。

とても難しい相談ですね。
上手く言えなくて申し訳ありません。
よかったら参考にして下さいね。
応援しています。

カフカ。

↑このページのトップへ