彼がリハーサルに現れなくなって数日、




私は以前米倉涼子さんのマネージャーをしていたという女性から話を聞く機会がありました。


米倉さんはミュージカルシカゴの際、

多忙なスケジュールのなか

血を吐きながらでも倒れるまで稽古したと







それを聞いた私はこう思ってしまっていました。






「じゃあ倒れるまでやれば認めてもらえるの?」





その女性の話を聞きながら


私の心は別のところにありました









どうしてこんなに毎日毎日踊っても下手くそなんだろう




痩せたのにパワーも減って自分のいい部分が無くなったんじゃないか





大好きだったダンスがどうしてこうも自分を苦しめるんだろう




どうして毎朝毎朝びくびくしながら
レッスンに向かうんだろう




どうしてみんなこんなにリハーサルが嫌いなんだ?





みんなも、自分も、いつのまにか
「自分が成長するため」ではなく
「先生に気に入られるため」に
毎日をこなしてるように見えて。










Instagramを開けば地元の仲間や全国のダンサーが
大好きなダンスを楽しんで踊っている姿があって







私はどうしてこんなにもダンスが憎らしくなってしまったんだ?









私はなんのためにここにいるんだ?









急に頭によぎったのは







「やめたい」









今まで一度も思ったことなかったのに







もう
一度思ってしまった心を

元に戻すことはできませんでした









夜、母に泣きながら電話すると

「自分で決めなさい」

と言われました。









翌朝目覚めた私は






もうこんな毎日毎朝死にたい思いはしたくないって思いました。









そして朝バレエのレッスンを受けながら


動かない足を見て






私は実にならないレッスンを

受け続ける必要があるのか?と自分に問いました









そしてスタッフさんに

辞めたいと打ち明け








逃げるように大阪に帰りました。



4i1IbjscNN.jpg



続く







こんにちは🌞






みなさん、きのうのYouTubeはもう見ていただけましたか👀❓





まだ見てない人はみてね!!!





なにをそんな大げさな‥って思うかもだけど

たくさんたくさん考えた結果なのでまた

ちゃんと丁寧に説明したかったのです!!!









YouTubeみたよ、良かったよ!ってオーディション受けてる事務所の人が連絡してきてくれて
嬉しかった😭😭😭



コメントでもみんな応援してくれて
安心しました😢✨








本当はちゃんと留学する準備整ってから報告した方がいいかなって思ってたんだけど




オーディションの関係で
SNSたくさん更新したかったから


誤解うまれないように話しました!!!


(未だにDMとかで勉強は?とか
聞かれることあるからね😥)







東京行ったとたんに
Twitterとかインスタ、Tik Tok 急に更新しだしたのはそのためです😋




この1週間、舞台やりながらSNSやって
時間もないし頭もいっぱいいっぱいだったけど



好きなことやってて本当に楽しいんだ♩



YouTubeも、話すのも編集(まだ簡単なことしかしてないけど)するのもすっごい楽しい!




今回は真面目な感じの動画だけど、
これからは楽しんでもらえるコンテンツ発信していきます⭐️











というわけで、



🐰毎週土曜日YouTube




🐰毎週日曜日LINE BLOG




🐰毎日Tik Tok 





🐰(たぶん)毎日Instagram




🐰(たぶん)毎日Instagram dance account




🐰気ままにTwitter








フォローなどよろしくお願いします!!!





YouTube年内にチャンネル登録者数
1000人目標です💪💪💪






これからは勝負の冬みてなかった人にも
知ってもらって、いいなって思ってもらえるように頑張るぞ😋🌈









今日も最後まで見てくれてありがとうございました❣️
また来週もみてね💗













バレエのナンバーが終わってすぐ




次はゆりやんレトリバァさんの大阪単独ライブに

バックアップダンサーとして

踊らせていただけることになりました。





しかも、今回はヒップホップ選抜の5人だけという



またとないチャンスでした。






毎日3〜4本のレッスンを受けた後、


ヒールを履きっぱなしで3〜5時間ほどの

リハーサル。





しかも昨日やったことは

次の日には全部なしで

また一から作り直しなんてことがざらにあって。









でもこの時私は最高に楽しかったです。




いつもみたいに先生はそんなに怒らないし



自分の振り付けを採用してもらえたり



絶対に爪痕を残そうと


先生に認めてもらいたいと




毎日全力でリハーサルに挑みました。






その気持ちとは裏腹に


どんどん動かなくなる足首に


私は目を伏せていました。









迎えた当日。




ゆりやんレトリバァさんは


本当に本当に本当に本当に

優しく気さくで素晴らしい方で



こんな方とお仕事させていただけることに


感謝感激でした!!!!!!!!!!






_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4232.JPG














無事に本番を終え、

打ち上げをし、

ホテルに戻った私達はもうヘロヘロでした。








やりきった、というか


今日までよく生き延びた…みたいな。




うちら頑張ったよね、

みんなが休んでる間も

毎日毎日ヒールで長時間リハーサルして

休日だってリハーサルして

あの緊迫感の中

よく耐え抜いたよねって






気づけばみんな寝落ちしてて。










朝10時頃私達は起きて

大阪まで来てどこにも寄り道せず

駅の中でご飯だけ買って

新幹線で東京へ向かいました。









リハーサル室でストレッチをして待っていると






昨日までにこにこしていた先生が



凄い形相で私達に近づき


「Get out !!!!!!!!! (出て行け!)」




と叫びました。





私達はその日、午後のリハーサルに間に合うように東京へ向かっていて

午前のレッスンに出ていませんでした。









出て行けって言われても

こういう時どうすればいいかわからないよね、




日本人は出ていかないほうがいいのかもだけど




先生はアメリカ人だし…。








とりあえず一回外に出て作戦会議。







いや、作戦会議なんてもんじゃない




もうこの時はみんなメンタルズタボロ





どうすればいいのかわかんなくって




怖くて怖くて





だって本当に殺されるんじゃないか?


って思う狂気があるんだもん









意を決してスタジオに入り

勝手にフリを覚えました。





でもすぐに見つかって


「Get out!!!!」




それでも私達は出ていかなかった。









そしたら彼が出て行きました。






お前らが出ないなら俺が出るって。









そしてその次の日も、

その次の日も、


彼はリハーサルには現れませんでした。










続く

↑このページのトップへ