いつもありがとうございます。
行動読書コンサルタントの大岩俊之です。

Amazonランキングは、本選びの参考になるか?
というテーマで、お届けします。

そもそも、Amazonランキングは、どういうものか?
というところから説明させていただきます。

Amazonの新品の本と中古本の売れ行きで、順位
が決まるようです。

しかも、冊数ではなく、注文回数でカウントされて
いるみたいです。

これは、実際、Amazonから公表されていないため、
推論になります。

ネット上にいろいろ書かれていますが、私なりにも
実験してみましたので、そんなに間違ってはいない
はずです。

順位は、1時間単位で更新されます。


本の著者は、これを利用して、いろいろな特典を
付けたキャンペーンを仕掛け、短時間で一気
購入させます。

そうすると、一気に順位が上がる仕組みです。

よく、著者のホームページなどで、
「Amazonランキング○○位!」
と、書かれていますが、あれは、作為的なものが
多いということです。

純粋な順位ならいいですが、作為的な順位、しかも
短時間しかその順位ではないので、あまり信用でき
ないデータですね。

最近、何社かの出版社と付き合いがありますが、
たいてい「Amazonランキング」は、参考にして
いないという意見が多いです。

a1640_000077

広告についての影響ですが、
小さな広告は別として、新聞の大きな広告に掲載
されると、その日の「Amazonランキング」は、かなり
上がります。
日本経済新聞の広告は、すごい効果ですね。

私の本も、実際に新聞広告で紹介してもらったことが
あります。
すごい威力でした。

人気のあるブログで紹介されても、同じことが起こります。


では
「Amazonランキングで上位の本というのは、購入の
参考にならないか?」
というと、そうでもないです。

作為的な本は、すぐに順位が下がってしまいます。

長い間、上位に入っている本というのは、それなりに
人気のある本ばかりです。

その中から、本を選ぶということは、そんなに間違った
選択ではないことが分かります。

できれば、全体の順位ではなく、カテゴリーに分けられた
分野
で本を探すと良いでしょう。


Amazonランキングから探す場合、売れている本
しか見つけることが出来ません。

そこそこ売れていて良い本を見つけるのは、難しいです。
順位に入ってこないからです。

たぶん、そんなに売れていなくて良い本は、見つかりません。

その辺りを、参考に本選びをしてください!