<過去ブログ 2016/12/31>

今朝実家に帰ってきました。

怒涛の12月もやっと今日で終わり。

暖かい布団に包まって、2017年を待っています。

L
僕は19歳まで、実家にいるときは音楽をやっていなかったので、ここには楽器もありません。

毎日が刺激的な世界ですし、常に神経を尖らせているので、ここでぼーっとしてると全部が夢みたいです。

紅白はちょっとスルーしたいですね笑


でも、そんな夢の様な日々の余韻に浸っています。


それにしても今年もいろんな人と出会い、いろんな曲を作らせてもらった素敵な一年でした。

また、作った曲の半分以上は、来年以降に出る曲なので、2017年もとても楽しみです。




年末は、加藤登紀子さんのほろ酔いコンサートに行きました。
昨年以来だったのですが、やっぱり良かった。

いろんな言葉が胸に響きました。

「時には昔の話を」は、僕が大学生時代、学生寮のみんなとよく歌っていたですが、
そういえば昨年末に舎監長先生が亡くなってから、聴いたのは初めてで、思い出がいっぱい溢れました。


それから、お客さんのほとんどが還暦を迎えた方々でしたが、
登紀子さんが、今年亡くなられた永六輔さんとの話をされた時、

「わたしたちが一生懸命、必死で生き抜いた人生は、きっと受け継いでくれる人がいるから、大丈夫」

その様なことを言ったのがすごく沁みました。

最後お客さんがスタンディングで、幸せそうに肩を組みながら、「知床旅情」を一緒に歌っていたのが素敵でした。

僕が生まれるより前の曲です。

音楽が、いろんな思い出を運んでくれている。
登紀子さんが51年間も歌い続けているのだから、みんなの思い出の数もすごいわけです。




流行りの音楽を追いかけるばかりでは、本当にやりたかったことを見失ってしまいがちですが、

ちゃんと人の生きる力になれる、そんな音楽を来年もコツコツ作っていきたいと思います。