8月6日、今年で4回目となる広島愛の川プロジェクト
たくさんの方々の協力のもと、無事終えることができました。

はだしのゲンの作者、中沢啓治さんが晩年に遺した詩、これを僕が中沢さん奥様から預かったのが2013年。
あれから5年。

IMG_6207.JPG


今年は、駆けつけてくれた手嶌葵さんとCHEMISTRY堂珍嘉邦さんの独唱に始まり、
子供達の朗読から大合唱まで、たった数十分の歌が、時間が止まっていたような長い1日でした。


S__20635666.jpg



豪雨災害で、川によって被害を受けた方がたくさんいて、7月も練習どころではなくなり、はたして、今、川のうたをやって良いのか、本当に悩みました。

でも、参加者の方々の安否確認をしながら連絡を取る中で、僕が思っていた以上にみんなが強い思いを持って参加してくれていたことがわかりました。

自宅が被害に遭い、それでも避難先から練習に駆けつけてくれた方もいて、中沢さんが、最後に遺した灯火を消すわけにはいかない、そんな思いを強く感じ、僕も改めて詩に向き合いました。

S__20635665.jpg

 「愛を浮かべて川流れ 水の都の広島で 語ろうよ 川に向かって 怒り 悲しみ 優しさを ・・ 」


でも、

「あの川を愛なんて呼べない、地獄の川だったんだよ?」

そう言っていた被爆者の方を思い出しました。


でも中沢さんは、その川を、人生の最期に「愛の川」と書き遺した。


葛藤はあったはず。


死体で埋まった地獄の川が脳裏をよぎるのに、「愛の川」と呼んだのは、

70年の時を経て深い悲しみから、次の未来へ希望を託そうとしたから

きっとそうですよね。



だから、、
この詩は、その思いは、
こんな状況だからこそ、生きている僕たちが繋がなければ、そう思えました。


39年の人生しか生きていない僕が、戦争も原爆も知らない僕がやっていることが、
正しいのか、意味があるのかなんて、正直わからないけど、

託された思いを、繋いで行ったその先に、
答えはきっとあって、

たった4年でも年を重ねるごとに少しづつ、その答えが見えてきている気がします。



最初は、僕しか言えなかった詩の思いを、

僕がいない時にも同じように伝えてくれる人がいたり、

最初に歌ってくれた時に小学生だった子が、もう高校生になって小さい子に教えてくれている姿を見たり、

小学生なのに裏方に回り荷物を運んでくれる子が現れたり、

英語を習ったことがないのに、詩の朗読の英訳に手を上げてくれた子の
練習しすぎて書き込みだらけメモを見たり、


今年、親が亡くなられたのに、そのことは一言も言わず、その翌週も顔にも出さず
ひたすら一年間準備し続けてくれた実行委員の方がいたり、



泣いちゃいますよね。



ありがとうございます。


広島のみなさん。


僕も頑張りますね。


 

























 

音楽全般を担当した、知英さん稲葉友さん主演の映画「私の人生なのに」の完成披露上映会に行ってきました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00010001-musicv-ent 

劇伴音楽とJYが歌う主題歌「涙の理由」の作詞作曲、稲葉くん演じる淳之介が劇中で歌う歌4曲も一緒に作り、撮影にも同行し、原桂之介監督と素晴らしいスタッフさん達とで全力で作った映画です。

舞台挨拶でも出たエピソードですが、僕んちで原桂之介監督と稲葉くんとの打ち合わせ初日に原桂之介監督にコーヒーどうぞと、熱々のコーヒーをぶっかけてしまい、監督の分厚い資料と、稲葉くんが演じる淳之介の歌詞が茶色に染まり、とっさに出た一言が「音楽で返します!」でした。
舞台挨拶で監督が「ちゃんと返してくれました」と言ってくれてよかったです。

この映画で主人公の瑞穂は車椅子生活になってしまうのですが、実は僕の友人で障がいで車椅子生活の友人がいて、彼の結婚式に出た2日後に、この主題歌の話をいただき脚本を渡されたので、本当に作りたいタイミングで、「涙の理由」という傑作が出来ました。

知英さんには今までいろんな曲を作らせてもらいましたが、今回は瑞穂として歌っているので、瑞穂の人生と、知英の持っている寂しさと温もりとの狭間にあるような歌が絶妙にハマり、撮影中も、これは瑞穂が泣いているのか、知英が泣いているのかわからなくなりました。でも僕は彼女にずっとこんな歌を歌って欲しいと思っていたのです。

稲葉くんは、今回本当に出会えてよかった俳優で、淳之介という人間の台本には書かれていない深い感情に向き合っている姿を見ていたら、すぐに曲のアイデアが出てきて、出たものメロディ案を渡したら、普通はそのまま練習してしまいそうですが、次会った時は全然生まれ変わって淳之介の歌にして持ってきたから、やられたーとなりました。

原桂之介監督や周りの映画スタッフのこだわりや熱量にも感動し、僕も何としてもいい映画にしたかったので、身内も総動員し、主題歌で僕のバンドAo-Neko渡辺さんやViolinとViollaであさいまりちゃん、仮歌で奈良ひより、ギター全般で平田崇くん、撮影時ギターの指導で川相賢太郎とハヴケイスケ、オープニングの編曲でSMP後輩の千葉“nachu-”直樹、と近い仲間に助けてもらいながら完成しました。

音楽をピアノで弾いているといろんなシーンが蘇ります。関わらせてもらって本当によかった映画です。

7月14日公開で全国で上映しています。ぜひ見てください。
 

昨日は僕のBand、Ao-Neko ''春の会''2018でした。

Jpopcafeは閉店してしまうので、これで最後なのでした。


IMG_4109.JPG


今回、子供の遊びスペースを作るという初の試みでしたが、
保母さん二人も手伝ってくれて、泣いたり退出する子が見当たらなかったのは嬉しかったです。


川島葵とメンバーを始め、ゲストのふくい舞さん、牛来美佳さん、奈良ひよりさん、長谷川雅洋くんという素晴らしい歌い手と、温かいお客さん、子供達に囲まれ、素敵な時間を噛み締めました。


それにしても葵さんの顔芸は

相変わらずすごい、子供達が失笑してました。


でも、この距離感のライブは、好きです。子供達がステージを走っているのも良かった。
準備は大変ですが、続けたい。


また''夏の会''に向けて準備したいと思います。 

IMG_4115.JPG
IMG_4114.JPG
IMG_4089.JPG






↑このページのトップへ