_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5302.JPG

タイトルの通り、2017年2月18日〜2月19日で淡島ホテルに一泊してきました。

あまりだらだらとは書きませんが、とてもいい思い出となったので、感想と写真を書き綴ります。

結論から言うと大満足の時間でした。

ラブライブ!サンシャイン!!の「モデル」としても、ハイクラスの「ホテル」としても、また絶対に泊まりたいと思えるほどです。

では何が満足だったのか

●ラブライブ!サンシャイン!!9話で描かれたホテルオハラの噴水が、目の前に現実のものとして存在していたこと

●淡島ホテルの露天風呂と、そこからの景色が一生の記憶に残るほど目に焼き付いていること


いっこめ。噴水について。
9話「未熟DREAMER」では、バラバラだった3年生が結束し、Aqoursとしての再スタートを切る回です。この9話が印象に強く残っているファンも多いと思います。私もそう。
Aqours 1stライブにおいても、アニメ振り返りから未熟DREAMERがスタートし、感動しすぎて涙と鼻水を流しながら聴いていました。

ホテルオハラの噴水、それは幼少期の鞠莉と果南・ダイヤが出会い、初めてのハグをして繋がった場所。3人がこれから運命を共にする、まさにスタートの場所です。それから高校3年になって、またハグをして、また繋がった。そこに大きなカタルシスを感じざるを得ない。

だから私は3年組の全ての始まりである、この噴水が好きです。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6008.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6009.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5299.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5297.JPG

写真を撮ったら、3人がそこにいるかのような錯覚を覚えて泣きそうになりました。オタクはすぐ泣く。

それほど印象に残る場が実際に目の前にあるんですから、最高!としか言いようがないですよね!(ここで語彙が無くなる)



ふたつめ。お風呂について。

写真は撮っていないですが、露天風呂から見る星空、そして富士山も格別でした。多分今後これ以上の景色に出会うことは無いんだろうな、と思えるぐらい記憶に深く残ってます。


オタク数人で数十分間、ひたすら無言で空を眺めてましたが、言葉にならないという表現はあのことを言うんだなぁと。唯一、流れ星を捉えたオタクが嬉しそうにしていたので羨ましかった。


この露天風呂に入るために泊まりたいと言えるぐらい、素敵なお風呂でした。


ちなみに、どんな景色が見えるというと、こんな感じの景色が、お風呂からパノラマビューで広がってます。


_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6010.JPG


朝は雪化粧の富士山、夜は晴れていれば澄んだ星空。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5292.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5291.JPG

これはノイジーな写真ですが、、、。。。


と夜で見せる顔が全く違うので、一粒で二度美味しい。どちらも5つ星。


ちなみにお風呂に行く館内の回廊があるのですが、絵画などの美術品が展示してあって、本当にお風呂に続く道なのかと疑うほど(褒めてます)。


というか、館内の至る所に芸術品が展示・販売しているので、淡島ホテルそのものがフォトジェニックな存在とも思います。


ということで、他にもお気に入りの写真を貼って終わりにしたいと思います。


_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6012.JPG


北斗七星と噴水

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6013.JPG

淡島側から見る安田屋旅館方面

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5286.JPG


ルームキー格好いい、、

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5296.JPG

特徴的なあの外観

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5309.JPG


三津海水浴場も混ざった。


続きはきっとはてブに書きます。


かちょ