昨日は親友や友達と飲みに行ってきました
当初、私入れて4人の予定だったけど
高校時代の友達も1人追加になって
当日、もう1人高校時代の友達が追加になって計6人

6人目の友達に関しては、会うのが高1の時以来だから
約10年振りの再会❤️

高校時代の思い出話で盛り上がって終始爆笑
色々伝説がありすぎてヤバすぎた…笑
若気の至りってやつかな
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9301.JPG
最初ら辺に撮ったから、6人目の友達は写ってないけど…
本当に最高の友達たち❤️
お見舞いも来てくれるみたいなので
またすぐに会えるね(*´ー`*)
楽しみー!

もし抗がん剤の副作用で私の髪の毛が抜けてしまった時は
みんながニットやキャップを買ってくれるみたい(T^T)
本当にいつも支えてくれてありがとう❤️

入院前にパワー注入できた!







4月10日に造影CT検査をして
4月15日に診察と造影MRI、採血採尿、心電図、胸部X線
ランマークとビタミン注射(メコバラミン)をしました。


ここ1週間ほど何だかわからないけど
ずーっと嫌な予感がしてたので
何か言われそう…とヒヤヒヤドキドキしていました(^^;)


まずは採血採尿
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9093.JPG
CKがとんでもない数値になっていた‪(((;꒪ꈊ꒪;)))
まさかの3393です 基準値は43~165

CKが上がり始めた数ヶ月前からは
足、お腹、脇腹、腕、脇、アクビをした時に下顎と毎日頻繁につるので
お薬を処方していただいてました。
体調は特に何も変わりがないけど3393って何事…(;´∀`)

あとは肝臓数値のASTとALTも上がっていました。
CKの影響もあるかもしれないみたいですが…

そして腫瘍マーカー(CEA)は今までで1番高い8.9でした

※インスリンが高いのはブリガチニブの副作用です!

そして採尿は問題なし。


次は造影MRI
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9095.JPG
造影MRIは今回も変わりなしでした!


問題は造影CT
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9094.JPG
両首筋リンパ節への転移
去年転移した肝臓腫瘍の増大

2ヶ月前に撮った造影CT写真と比べると違いは一目瞭然
立派に成長してはりました…
リンパ節の方はまだ小さいみたいですが、それでもショックです。


心電図と胸部レントゲンは今回も変わりなく問題なし!


なので、お薬を変える事になりブリガチニブの治験は終了。
まだ私が使ってない分子標的治療薬は他にも2種類あるから
大丈夫やー!と余裕もってたのに

そこに主治医から一言
「飲み薬の分子標的治療薬には耐性ができてしまっているので
次は点滴の抗がん剤に切り替えましょう。」

えっ!? 頭が真っ白に~
まさか…脱毛とかないよね…(((;꒪ꈊ꒪;)))

その治療は医師主導治験と言うものだそうです。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9098.JPG


主治医から副作用などの説明もありました。
脱毛吐き気倦怠感
1クール目が終わって1週間後から出てくるらしい。

脱毛と聞いた瞬間、私が真顔無言になったので
主治医が今回行う点滴の抗がん剤は
脱毛の具合が軽い方なので安心して下さい
と言ってくれましたが
それでもとりあえず少し考える時間が欲しいと伝えました。

なので、今週金曜日までに決めて
そのまま金曜日に主治医の診察が入っているので
治療についてのお話や入院手続きをする事になります。
24日には抗がん剤治療が開始できるようにする為
入院は恐らく23日辺りかな~

今回の入院予定期間は2週間~3週間と長い‪(;-;)‬

抗がん剤は3週間に1回
ビタミン注射(メコバラミン)は9週間に1回で
退院しても3クール目?までは日帰り入院で抗がん剤するそう。


めっちゃくちゃ悩みましたが、するしかない。
やらなければ負けてしまう。
もうしっかり腹くくりました。抗がん剤治療します。

おじいちゃんが「カツラ必要なった時は心配するな!任せろ!」だって笑
良質なウィッグを買ってくれるらしい
嬉しいけど、でもお世話になる日が来ませんように…

土曜日は家族みんなでご飯
月曜日は親友3人と飲みに行きます🍻
親友が「私に気合いを入れさせる為に」と言ってました笑

親友達に会えるだけで元気が出て頑張れる気がする

圧迫排泄が必要な我が家の愛猫アズキは
今回もボランティアさんが預かって下さります
保護猫カフェや自宅にも沢山の子達が居てて
大変な時にご迷惑おかけします(泣)
そして本当に本当にありがとうございます‪(;-;)‬
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9113.JPG
こうやって言って下さり本当に感謝。


改めて支えてくれている沢山の人達に感謝。





入院当日の朝は、少しでも長くペット達と過ごせるようにと思い
早めに起きて、たくさん撫でまくった。
みんなはもちろん、私がこれからしばらく居なくなるなんて思ってないから
普通に過ごしてたけど(笑) 私は寂しくて辛くてたまらなかった。

この日、母達はお葬式があったので
近くに住む幼馴染の車で、祖母、妹と一緒に行く事になっていました。



時間が経つのはあっという間で、すぐに家を出る時間になってしまった。
これで本当にお別れなんだな…と悲しくなりながら
必ずまた帰ってくるからね。と伝え、後ろ髪を引かれる思いでバイバイ。

病院へ向う車内では、みんなと思い出話をしながら大笑いしたりして
楽しくて少し気が紛れた(´^ω^`)

入院の用意があまりにも多過ぎて、みんなから爆笑され
「旅行から帰ってきました!みたいなん辞めてくれへん?」と言われ
またまた爆笑(笑)

入院手続きを済ませて病室へ… 17階( ☉_☉) パチクリ。
エレベーターで酔いそうになりました。
病室へ着き、色々と説明を受けて、本日担当の看護師さんが来られ
バイタルチェックとホルター心電図?とやらを装着され
早速、口腔外科と胸部レントゲンをしに回りました。

そうそう… 心嚢液の貯留で入院中は強制車椅子となりました⤵︎

検査を終え、しばらくして幼馴染と祖母は先に帰りました!
そして、15時過ぎにお葬式を終えた母、義父がやってきました。
そこでお話があるので…と私、母、義父の3人で面談室へ。

私のこれからお世話になる主治医、担当医が待っておられました。
遺伝子検査の結果と今後の治療法についての詳しい説明でした。

★ 遺伝子検査の結果ALK融合遺伝子陽性の肺腺がん
★ 治療法はALK融合遺伝子陽性の患者さんにのみに効果がある
分子標的治療薬のアレセンサを使用

アレセンサのパンフレットを見ると、副作用に吐き気や倦怠感など
私が想像していたものが一切含まれていない(;゜∀゜)
あれ…? もしかしたらいけるんじゃね? と気持ちが楽になった。

入院した日の夜からアレセンサの服用を開始しました。
副作用は特に無く、これで本当に効くのかな?と半信半疑でした。

他にも色々話を聞きましたが忘れちゃったので、だいぶ省略…



薬の副作用は全くありませんでしたが
ペット達に会えない寂しさで辛い辛い入院生活でした。

でも、入院した時にサインを…と渡されていた書類に目を通すと
入院予定期間1~2週間と書かれてるのを発見し
私生きて帰れる!またみんなと会える!と一人で大喜びしました。

入院中は毎日祖父に電話をして、ペット達の様子を聞いたり
テレビ通話でみんなと画面越しに対面したりしていました
人生初の入院生活は10日程でした。
その間に、気管支炎に罹って大変な思いもしましたが
何とか入院生活を終えることができました。



入院中は家族、友人、知人、同僚、中学生時代の担任と
毎日誰かしらがお見舞いに来てくださって感謝でいっぱいでした。



↑このページのトップへ