こんにちわ


週末色んなことがありまして

大変落ち込んでいた私です( ◠‿◠ )



今日はゴリラたちと2時間ほど会ってきました

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1558.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1569.JPG

飼育係大変ンゴ



ってゆーけど私が1番ゴリラくさいのは秘密



中学校からのマイメンや( ◠‿◠ )





今のプリクラとかカメラアプリの加工技術がヤバ杉て鏡見たくなくなるわっ怒


連投失礼します。


どうも私です( ◠‿◠ )

1○歳から夜職をしていますが何故この職業をやっているのか未だによくわかりません。


高校に入学後、友達も出来ず毎日苦痛な学校生活を送る毎日…(ちょっとしたいじめがあった笑)

ほとんど学校にも行かず同じく不登校のマブとよく遊んでいました。


やはり高校生なので遊びに行くお金はすぐ無くなる始末。

マブの実家はお金持ちなのでマブ自体はお金に困ってませんでした。


片親で決して裕福とは言えない私の家庭…


家に居ても暇だし…

遊びに行くお金も無い私はよく出会い系のアプリを使ってお金を稼いでいました。(察して笑)


その流れで何故か当時働いていた店長と出会うことになりました。

当時の私は今よりも太っていて、女子力も無く…

ただのガングロ(地黒、日焼け)なクソガキでした。


面接という形になるのかな?

家の近くまで来てもらって車の中で少しお話をした後

店長  でわ、来週の出勤よろしくお願いします

と、言われました。


私は多分適当に話を聞いていたのでしょう。


そこから私の夜職ライフが始まりました。


高校も夜職と平行には出来ず直ぐ退学しました。


始めは軽い気持ちでこの世界に入りましたが

やはり先輩たちからめちゃめちゃ怒られる生活が続きました。(当たり前)


今こうやって続けてきてますが後悔はしてません。

中卒でも後悔は全くしてないです。


毎日酒に溺れる生活ですが案外楽しいもんです。


偏見は持たれる仕事ですが、出会い系で身体を売るより断然いい仕事です。(当たり前)


って事でキャストとして働いてくれる女の子待ってます❤️
w59P6G20yu.jpg

↑1○歳の時の私(右)





↑このページのトップへ