月別アーカイブ / 2016年10月

どーもー!

急に寒い!
衣替え追いつかず!
無理に引っ張り出した服で部屋が荒れてます!
今日帰ったら片付ける・・・という思いだけで終わりそうな中、ブログを書いてますφ(.. )


29(土)は「ONE LIVE with ネスカフェアンバサダー」に出演して来ました!
トップバッターCrystal Kayさんの後、
今回はリハーサルがなかったので本番前にサウンドチェックで登場したK&バンドメンバー。
客席でその様子を見てたんですが、
マイクチェックするため『Y.E.S』をKが歌い始めたら、
後ろにいた男性から「うぅぅまいなぁ~!」という声が聞こえてきて、心の中で「あざっす!」。

サウンドチェック後、
「NEXT ARTIST K!って呼ばれてから僕たち登場しますから、あり得ないくらいの声援を
お願いしますね!」とお客さんに言い、更に一度練習してから舞台袖へ戻るK。笑

そ・し・て!
大きな声援に迎えられ再登場!
1曲目は『Only Human』。
Kとバンドメンバー、4人のハーモニーに「やべぇーーー」と先程と同じ男性と思しき声が再び。笑
K161029_onelive_lb_002
「僕のことを初めて見る方も多いのに、こんなに声援を送って頂きほんとにありがとうございます!」と
MCでKがいつもの調子で話し出すと、
「どんだけしゃべりうまいんだよっ!」と3度目!後ろから同じ男性の声が。笑
「今日はトーク抑え気味な方なんですよー。良かったらワンマンに来てくださーい。」と心の中で再び
つぶやく私(*・ω・)ノ。

未発売曲『Seven Days』を歌う前に、
「東北に行って出来た曲です。今、鳥取の皆さんも大変だと思います。方向的にこっちかな?(と手を
かざしながら)鳥取の皆さんに届くといいな。」とK。
サビの歌詞「手を繋ごう もっと強く」は、お隣の方と手を繋ぎ合った会場のお客さんにも一緒に
歌ってもらいました。

今回はTLC、Ms.ローリン・ヒルが出演とあって、会場にはBLACK MUSICが好きな方がたくさん!
客席を見渡すと何だかリズムの取り方が違うw(゚o゚)w
カバー曲『This Masquerade』や『Music in My Life』『Y.E.S』では立ち上がって踊ってくれてる方が
たくさんいたんですけど、思わず「ダ、ダンサー!?」と思ってしまうぐらい踊ってる方がいたりして、
「良かったらステージで踊って欲しいなー」なんてまたまた心の中でつぶやく私(*´ェ`*)
(きっと初めてだと思う)Kのライブを楽しんでもらえて、とても嬉しかったです!
K161029_onelive_lb_001
広い空の下、この曲を歌うにはぴったりなシチュエーション!
最後は『あの雲の向こう側』をKひとりの弾き語りで。
K161029_onelive_lb_003
この日はお天気が下り坂、イベント後半は大雨で一時中断もありましたが、
参加された皆さん、風邪など引かれてないですかー?
素晴らしいアーティストの皆さんと同じステージに立つことが出来ました。
そしてKを初めて観る聴く方々に出会える場をありがとうございました(´∀`*)


横浜の海から翌日30(日)は琵琶湖へ
見事な快晴の下、「平和堂&サンスター​Presents α-STATION スペシャルクルーズ」のライブ会場
となったビアンカ号に到着。
IMG_0794
応募抽選に当選された方々を乗せ、15時に琵琶湖クルーズスタート!
まずはMCの谷口キヨコさんとトークタイム、そして美味しいケーキとお茶が楽しめるティータイムの
後に【K CRUSING LIVE】がスタート!

ライブの時間が夕暮れに近づく時間帯で静かな琵琶湖の湖畔をゆっくり進む船の中・・・、
この特別な空間でゆったりとKの歌を聴いてもらえたら、とこの日は『over...』や『Beyond the Sea』
『True Colors(カバー)』など6曲をセレクト。
参加された皆さん、船上で聴くKの歌はいかがでしたか?

そうそう!
MCでKが今回のクルーズで小学生の頃に両親と漢江(ハンガン)で乗った大型フェリーを
思い出したという話になり、その時に船内のライブで観たアーティストの印象が強くて未だに
覚えているという話から、客席にいた小学生ぐらいの男の子に「大きくなっても覚えていてね。」と
言っていました~。

~・~船に乗るとなぜかポーズとっちゃうよねシリーズ~・~
IMG_0806
舳先(へさき)じゃないけど、ひとりタイタニック!?
ポーズ的にローズ(ケイト・ウィンスレット)なので、どなたかジャック(レオ様)をお願いしゃっす!
後ろからグイッとね。


それから、
今週11/2(水)は大阪JANUSにて斎藤誠 Presents「ライヴ!! 誠とKくん、二人の文化祭」に出演します。
IMG_0712S
リハーサル順調です。
(チケットはすでに完売)参加の皆さん、お楽しみにー!


ここで久しぶりに宣伝φ(.. )
ファンクラブサイト【CLUB K】では上記のONE LIVEやクルーズライブを含め写真大量掲載
(もちろんブログとは違う写真)したフォトレポート更新中!
Kのブログや動画など、ココだけでしか見られないコンテンツ満載です(・∀・)つ
http://fc.club-k.cc/


では、またヾ(´ω`=´ω`)ノTrick or Treat(とりあえず書いてみた)


ブログのコメントはこちらのBBSまで!
https://www.stardust-club.net/bbs/k/
先週末の「伝統の継承」については次回のブログで!

どーもー!


火曜深夜23時からはスカパー「韓流ザップ」の生放送。
今週お迎えしたゲストはNU'ESTの皆さんでした。IMG_0722S
↑楽屋前で記念撮影中に通りがかったハロー先生(翌朝の草野球のために高橋さんの誘いを
断った男。笑)も一緒に(・∀・)つ

NU'ESTの皆さんを見るなり「みんな顔が小さい!かわいい!若い!」を連発するTKコンビ。
二人の心の中の女子が登場してましたねぇ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)キャッキャッ
レンさんに「Kさんも顔小さいですよー。」と言われ、
「もっと大きい声で言ってください。」と返すK。笑

前列にK、ミンヒョンさん、レンさん、高橋さん、後列に通訳兼でApeaceソンホくん、JRさん、
ベクホさん、アロンさん、Apeace J.Dくんの順で座っていたんですが、
アメリカ生まれで「韓国語はまぁまぁ(ご本人談)」のアロンさんと全部通訳するのは難しそうな
J.Dくんのやり取りを見て、韓国語が分からないご自身も含めて、
「(3人が座っている側は)カオスになってる!」と高橋さんΣ(´д`;)。
キョトンとした顔のアロンさん、頑張って訳すJ.Dくんを見ながら「待ってるから大丈夫。
アロンくんを置いてけぼりにはしないから。」と高橋さん。 アットホームな番組です (´▽`)
(日本語がとても上手なミンヒョンさん(発音完璧!)が他のメンバーへの説明をたくさん
してくれてました~ )

ツアーで世界を回るNU'EST、南米はベクホさんファンの男性が多かったと聞いたとたん、
「あ、なんか分かる!」と食い気味に発言するK。
「メイクの下にうっすら見える髭がね。自分もそう(髭が濃い)だから。」とK。
この時点ではみんなまだ「?」状態。

高橋さんの写真評論も楽しい「韓Hanstagram」のコーナーでは、
ベクホさんの「剣道(コムド/검도)」写真を見て、
Kも小学生から高校生まで剣道やっていた発言があり、髭に剣道と二人の共通項が2つに。
世界一にも輝いたことのあるベクホさんの腕前は、見ていて思わず「きれい」と言葉が漏れるほど、
美しい動きでした!

そして、レンさんは「クッションファンデ」の写真を紹介。
人前に出るときはメイクさんに、普段出かけるときは自分でメイクするというレンさん。
TVもノーメイクな高橋さんが「僕はどうかな?」と聞くと、「お肌は綺麗ですけど、
眉毛がもう少しあるといいかも。」の流れから、急遽レンさんが高橋さんに眉毛を描くことに!
緊張で震える手で眉毛を描くレンさん。可憐!
でもちゃんと骨格に合わせて眉毛を描き足してました~。ほんとにお化粧慣れてますね

メンバー間で最近流行っていることは、日本の宿舎にバスルームがひとつしかないので、
バスルームを使う順番=朝起きる順番を決めるジャンケンだそうで、
じゃあNU’ESTのメンバーの代理で韓流ザップレギュラーがジャンケンしよー!となり、
ミンヒョンさん→ソンホくん、レンさん→K、JRさん→高橋さん、ベクホさん→AKIさん、
アロンさん→J.Dくんに託してジャン・ケン・ポン!
で、最初に負けちゃった高橋さん。
ジャンケンの前に「僕いつも負けるんです。」と言ってたJRさん、
高橋さんが負けた瞬間のJRさんの「あぁ~~~(;´Д`)」というお顔が忘れられません。萌
ジャンケンの結果は、1位 AKIさん、2位 K、3位 J.Dくん、4位 ソンホくん、5位 高橋さんでした。
起きるのが1番目と5番目の人では2時間の差がある上に、ヘアメイクをした後なので
2度寝することも出来ないと聞き、JRさんに謝る高橋さん。
以後、高橋さんのJRさんめっちゃエコヒイキがスタート!笑

そして「Kpeaceプロジェクト」進捗情報
遂にメロディが完成しましたー!
まずはソンホくん、J.DくんにCDRを手渡ししてから、番組内でもオンエアしました。
まだ完成していない、いわゆるデモ(制作途中の音源)は普段はスタッフにしか聴かせる機会が
ないせいか、Kはなんだか恥ずかしそうでしたね(●´ω`●)
前々から「バラード」じゃないと言っていた曲は、Apeaceがこれから向かっていく目標とかを
イメージした、前に進んで行く、疾走感のある曲です。
作詞、歌のパート分け、レコーディングとまだ作業はたくさんありますが、
年内のお披露目に向けてガンガン進行中です。

一緒に曲を聴いてもらったNU'ESTの皆さんに感想を伺うと、レンさんの「羨ましいです。」には
うんうんと聞いていた高橋さん、でもJRさんが「僕たちの今度のアルバムに・・・」と言うと、
「この曲をNU’ESTに渡して!」とKに言う高橋さん。JRさんへのエコヒイキ継続。笑

番組のエンディングトーク、CM中にKとベクホさんが「遠い親戚かも!?」という話になり、
Kの本名は「カン・ユンソン」、ベクホさんは「カン・ドンホ」と同じ姓で漢字表記も一緒だそうで、
K曰く、「カン」姓の漢字はそんなに多くないんだけど、その中でも珍しい漢字で一緒だから、
もしかしたら辿っていくと親戚かも・・・!?と。
「だから番組の最初からなんか親近感あるって言ったじゃないですかー。」というK。
ベクホさんはライブで『Only Human』を歌ってくれてたこともあるそうですし、
なんだかこれって・・・運命?Σ(=゚ω゚=;)バーバーン

ジャンケンで距離がググッと縮まったNU’ESTの皆さん、次回ゲストに来られた際は、
JRさんのために絶対ジャンケンに勝つ!と約束する高橋さんなのでした(ρ゚∩゚) 。

~・~おまけ~・~
1477451880920
「韓流ザップ」の楽屋にて。
生放送前にいきなり反復横跳びを始めるK。笑
なんでー?
サッカーの練習かな?


それから、明後日開催されます
「ONE LIVE with ネスカフェアンバサダー at 横浜赤レンガ野外特設会場」に向けて
リハーサルもしてまーす!IMG_0752S
K(Vo&Piano)、真藤さん(Key.)、設楽さん(Gt.)、Mitsuさん(Dr.)のバンド編成です。
野外で午後から夜にかけてのイベントなので気温差があると思いますから、
来られる方は寒さ対策をお忘れなく。
Ms.ローリン・ヒルにTLCと中々同じステージに立つことのない海外アーティストとのイベント。
出演者として、そして観客としてもKも楽しみにしています。


ココで告知!
来年1月に東京、名古屋、大阪で行います「K Premium Live 2017」、
その東京公演と大阪公演のファンクラブ先行予約受付が10/31(月)AM11:00よりスタートします!
詳しくはこちらの専用サイトをご覧ください。
http://fc.club-k.cc/r/premium_live2017/


では、またヾ(´ω`=´ω`)ノ


ブログのコメントはこちらのBBSまで!
https://www.stardust-club.net/bbs/k/

どーもー!


最近は行く先々のコンビニやスーパーで干し芋を探し、新しいのも見つけては
食べ比べをする日々です(ちゃんと働いてますよー)。
が!しかし!
食べ過ぎてそろそろ飽きてきたかも・・やばい・・と思いながらブログを書いてますφ(.. )


さてさて、先週末放送されました三重テレビ「伝統の継承~笑顔に逢いに~」は、
三重県伊勢市の「伊勢根付」をご紹介。
国際根付彫刻会伊勢支部長 中川忠峰さんのお仕事を見学しながらお話を伺いました。

関東地方は象牙を材料とした根付が多い中、
伊勢は伊勢地方に多い朝熊黄楊(あさまつげ)という木を使用するそうで、
朝熊黄楊の密度の高くて硬いが粘り気のある特性によって、
細かな細工でも壊れにくい根付が出来るんだそうです。

製作工程の見本として用意された竹の子の根付を見せていただいたんですが、
最初は木片で、それに竹の子の輪郭を下書きして削り、竹の皮模様を下書きしてまた削りと、
竹の子の形に近づくにつれ、なぜか見本の大きさが大きくなっているので、
Kが「なんで見本がだんだん大きくなってるんですか?」と聞くと、
「竹の子は1日で1mくらい伸びるんですよ。(だから見本も)ちょっと遊び半分で・・。笑」と
中川さん。それを聞いて爆笑するKなのでした。
素敵な遊び心です (´▽`)
20160714_160132S
↑中川さんと伊勢根付製作工程見本の「竹の子たち」を持つK。 
(Kさん!竹の子の天地を逆に持ってしまってますっ!今頃気が付きましたっ!すみませんっ!)

続いて、弾けた毬(いが)の中にある栗3つのうち、ひとつが根付(中川さんの作品)なんですけど
分かります?と聞かれて間近で見てみるKなんですが・・・、全然分からず!
結局、栗をひっくり返して下部を見てやっと本物と根付の違いが分かりました~。
(番組をご覧になった方、どれが根付か分かりました?私は分からなかったです)
あまりに栗が精巧なので、思わず「毬(いが)も根付ですか?」と聞いてしまうK。
毬は本物でした。笑

この根付の栗は「栗」と見え易くするために実物よりもデフォルメされているそうで、
「物まねをする方がその人の特徴をオーバーに表現するぐらいがちょうど良く見えるのと同じで、
ここを強調するとより本物らしく見えるというところがあるんです。」と中川さん。 

更に「からくりの根付」も見せていただきました。
さやが少し開いたえんどう豆の根付の中に黒い木で作った「豆」が入っていて、
振るとカラカラッと音がする・・・、さやが開いた部分より中の豆の方が大きく見えるのになんで?
こちらも先の精巧な栗の根付同様、職人の経験と技術から生まれる作品なんだなと深く納得。

中川さんのお弟子さんで元TVキャスターの梶浦明日香さんにもインタビュー。
使っているときに「あれ(ここにこんな細工があったのか)?」と気付いてもらのが
根付の面白さだと語る梶浦さん。
梶浦さんはTVの取材で中川さんの根付に出会い、お弟子さんになられたそうで、
以前もTVで見た親方のもとに弟子入りされた方がいらっしゃいましたし、
家業だけではなく、様々なきっかけで伝統が継承されていく場面に出会えているんだな、と
改めて思いました。


そして、
23(日)は福島にてサッカーのエキシビジョン試合と「アカリトライブ2016」に出演して来ましたー!
IMG_0689S
↑試合前の集合写真
めっちゃ笑顔のK。サッカー好きなのが写真からも溢れてる。笑

前日から福島入りして、夜は以前対談をしている福西さんを始め錚々たるJレジェンドの皆さんと
作戦会議兼食事会が催され、日本代表でのお話などなどサッカーファンにはたまらないお話を
たくさん聞かせていただきました~。
 
試合当日はサッカー選手のようにホテルから大型バスでの移動にもテンションが上がりつつ、
スタジアムへ。
背番号5番(Kが大好きなジダン選手がクラブチームで着けていた背番号を希望したそうです)の
ユニフォームを受け取り、選手の皆さんと30分ほどピッチでウォーミングアップ 、
そして、福島復興支援エキシビジョンマッチ
『Jレジェンド & MIFA FC VS 福島県県北地区高校選抜チーム』KICK OFF
Kは先発で出場!LINEBLOG用1
↑走る背番号「5」。
Kは右サイドでプレーして、パスがもらえるよう動いたりボールに絡みに行くよう結構頑張って
ましたよ~(´□`。)°゜
藤巻亮太さんと交代でベンチに戻ってきたK。
「いやぁ~、動きが全然分からないですね~」と言うKに選手の皆さんが色々とアドバイスをくださる
場面も。
エキシビジョンマッチの結果は、GAKU-MCさんのゴールもあり、3対1でJレジェンドの勝利!
試合後「ライブより緊張した・・・」とつぶやくKなのでした。笑

エキシビジョンマッチ後は「ふくしまアカリトライブ2016」の会場へ。
「ふくしまアカリトライブ」は東日本大震災が起きた2011年よりGAKU-MCさんが続けられていて、
この活動知ったKはずっと参加したいと思っていたので、今回呼んでいただいたことにとても感謝
していました。
IMG_0698S
来場者の皆さんから被災された方々へ「がんばれに変わる言葉」が書かれているキャンドルホルダー
に包まれたキャンドルを灯し、その灯(アカリ)に照らされたステージでライブがスタート。

GAKU-MCさんの「僕の一番仲の良い外国出身の方です」という紹介で登場したKは、
カタコトの日本語で「コンニチハ、Kデス。」と会場からひと笑いもらってから(欲しがる子なのよ)、
1曲目に『dear…』を、2曲目はKが好きな曲でウカスカジーの『mi-chi』をGAKU-MCさんとともに、
そして未発表曲『Seven days』の3曲を披露しました。

『Seven days』は昨年10月にバンドメンバー(真藤さん、設楽さん、notchとさん)と東北地方で
チャリティライブをしたときに出来た曲で、Kが福島で歌いたいと思っていた曲です。
「手を繋ごうもっと強く」という歌詞のとき、会場中のお客さんが隣の人と手を繋いで聴いてくれている
のが見えて、感動で胸がいっぱいになりました。
アンコールで再び登場したKは、アカリトライブのテーマソングでもある『希望のアカリ』を
GAKU-MCさん、藤巻亮太さん、山猿さんと一緒に歌い、ライブは終了。

優しいローソクの灯を見ながら、
福島で出逢った皆さんが今日は楽しかったーと思ってもらえてたら嬉しいなぁ、
そんな風に思った一日でした。ありがとうございました!


では、またヾ(´ω`=´ω`)ノ


ブログのコメントはこちらのBBSまで!
https://www.stardust-club.net/bbs/k/

↑このページのトップへ