月別アーカイブ / 2019年03月

春に生まれし者は
芽吹く歓びを知る

三寒四温の足取りで
過ぎ往く冬の名残りを見送り
柔らかきその光の中に
若草の覚束無い背伸びを見つけ
指先で生まれたての
淡い希望に触れる

春に生まれし者よ
生まれいでた今日を言祝ごう

その生命を生み出した者にも
貴女は生命に愛されている
例え夜の闇の中
隠れた月の雲間でさえ
貴女の魂はどこに居ても
柔らかきその光の中に包まれる

春に生まれし者よ
哀しみも涙も胸の痛みも

時に貴女を苦しめる物も
貴女の根を枯らす事は出来ない
例え目には見えなくとも
そこには居ない誰かの
優しい想いが貴女を抱きしめる
儚く見えるそれは「愛」と呼ばれる

だから春に生まれし者よ
いらう事無くここにいて欲しい

現実の貴女の事は何も知らない
けれど私も貴女を抱きしめる一人
貴女の言葉に救われ
貴女の温もりに励まされ
細々とここに居られる事に
「ありがとう」を捧げる

幸せでいて欲しい
「おめでとう」の蝋燭を
一緒に吹き消しても良いかな……



の風が
こんで来たよ
たたかな若草の薫り
でるような優しい光
れそ知る」小さく隠れた四つ葉
どかな午後に
幸せを知らせる便り
がえば叶うね
ラス細工の指輪が  細い指に光る
れしそうな笑顔が  二つ並んでいるね

IMG_20190330_181748.jpg


↑このページのトップへ