月別アーカイブ / 2018年10月

長くも短くも
生きているならば
誰でもが持っているはずの物

どんなに綺麗に見えていても
どんなに静かに佇んでいても

優しく微笑む顔でさえ
ひと皮剥けば透けて見える
誰にも見せない顔が有る
誰かに付けた傷が有る
誰かに受けた傷も有る

心の中で握る刃は
きっと誰もが持っていて
それは等しく両刃の刃
切りつける度に返り血を受け
自分をもまた傷付ける

人を呪わば穴二つとはよく言ったもの
握りしめた掌から滴る緋い痛みは
心の澱に沈み消える事は無い

良くも悪くも
生きているならば
誰でもが抱えているはずの物

明るい笑顔の光と対に
翳りに丸めた重い背中を

潔く有りたいと思う心の
柔らかな襞の細い隙間に
愛や優しさや思いやりとは
背中合わせの暗い思いが
憎しみ哀しみ恨みの形で
醜い痣を拵える

本意不本意に関わり無く
放った言葉の礫がいつか
相手の心に痣をつくる
跳ね返る礫の痛みを受けて
初めて相手の痛みを知る

後悔は先に立たず悔やんだ時は遅い
何度同じ過ちを繰り返しても
愚かさを学ぶ事が出来ない


今、関東圏で風疹が流行っているそうなので、役に立つかと思われます。
私は眼鏡を掛けているので、今年の冬は試して見ようかと思っています。

曇り防止や風邪予防もですが、被災地で作業をされる方も、粉塵から身を守る為に試して見られるのも良いかと思います。



今までにも色々なマークが有る事を教わって来ましたが、まだ知らない物が有るのだと知りました。
ご存知無い方も多いのでは無いかと思い、記事を上げておきます。

今までに、自分でも知らない間に、普通の車椅子だと思って見ていた事が有るかもしれない。
黄色いたすきも気付かなかった事が有るかもしれない。

より相手の立場に立って行動する。
そんな人になれたなら、思いやる事が出来たなら…そう心がけたいと思いました。


追記
今までにも取り上げたマークがほとんどですが、県によって作られている物も有るようです。
重複するかも知れませんが、参考までに上げておきます。
 

*この投稿は、以前載せていた記事が一部読み取れなくなっていたので、修正し、追記を加えて再投稿したものです。

↑このページのトップへ