月別アーカイブ / 2018年05月

いってきまーす
きをつけて
しろいずっくではしりだす
ちいさなすいとうがぴょこぴょこはねて
にこにこ  しぜんにわらいがお
ひろいどうろはてをあげて
みぎとひだりにちゅういして
いつものやくそく  ちゃんとまもるよ
りゅっくにはおやつとおべんとう
いいおてんきだ  きょうはえんそく



や行とわ行は、本当はこの「い」では無いのですが、当てはめようが無くて…😁
苦しまぎれの力技。
我ながら、本当に無理矢理過ぎて笑うしかない (´▽`;)ゞ テヘ

🌱咲けぬまま
    今日も健気に上を向く
    額紫陽花の小さな蕾よ


☔せわしなく
    道を行き交う傘の花
    ため息もあり華やぎもあり


🎭憂鬱と
    肩寄せあって独りきり
    窓の雫を数えてみたり



薬を変えてもらったのにな…
眠りにまで嫌われたのか。
いよいよ居場所が無くなりそうだ。
どうする?自分
どうしたい?自分
じれった過ぎて、もう考えるのも面倒くさい。

                           
                                             詩     さだまさし 


笑ってよ 君のために 笑ってよ 僕のために

僕達は小さな舟に 哀しみという荷物を積んで

時の流れ下ってゆく舟人たちのようだね

君のその小さな手には持ちきれない程の哀しみを

せめて笑顔が救うのなら 僕は道化師(ピエロ)になれるよ

笑ってよ 君のために 笑ってよ 僕のために

きっと誰もが同じ河のほとりを歩いている


僕らは別々の山を それぞれの高さ目指して

息もつがずに登ってゆく山人達のようだね

君のその小さな腕に 支えきれない程の哀しみを

せめて笑顔が救うのなら僕は道化師(ピエロ)になろう

笑ってよ 君のために 笑ってよ 僕のために

いつか真実(ほんとう)に笑いながら話せる日がくるから

笑ってよ 君のために 笑ってよ 僕のために

笑ってよ 君のために 笑ってよ 僕のために



これはさださんが主演、音楽監督として作られた「翔べイカロスの翼」と言う映画に使われた曲です。
実際に興行途中で落下し、亡くなった方をモデルに作られた映画ですが、正直、全然興行成績は良く有りませんでした。
ですが、この曲はわりとヒットして、映画よりも曲の方が売れました。
私の好きな曲の1つでもあります。

1番の歌詞で、「僕」は「君」の笑顔のためならピエロになれるんだけど…
と、今一つ自信が無さげなのですが、2番の歌詞で、「君」の笑顔のためにならピエロになる、と覚悟を決めます。

なんて、紹介文を読むよりも、実際に聞いて、もし気に入って頂けたなら幸いです。

おはようございます☀の皆さま、今日一日がたくさんの笑顔と出会える一日で有りますように…💞

↑このページのトップへ