余りに長居し過ぎた夏が
慌てて帰っていくから
待ちくたびれた木々達は
色づく暇もないと嘆く

ひとつ飛ばされた季節は
居心地悪そうにまごつくばかりで
冬の手前で大慌て
 
ついこの間まで半袖だった
気温の変化にからかわれ
竦めた背中にコートを羽織る
ようやく季節の衣替え

すでに霜月はなかば
忙しい年の瀬に向かって
カウントダウンが始まっている




11月も半ば、と言うよりも、今年も残りひと月半、といった感じ。
気分ばかり焦るのに、何も手につかない。

今年は夏が長かったな…
秋は瞬きする間に過ぎてしまった。
東京では木枯らし1号の話題、北海道ではいきなり吹雪の模様。
気温の変化に体がついて行かないですね。

皆さまどうぞお体ご自愛くださいませ。
私は相変わらず気持ちが地面にめり込んだまま、引きこもったアナグマです。