千聖/Crack6 ワンマン TOUR 2018 「ジキルとMAD RIDER@名古屋ell.SIZE ライブレポート

 

みなさん、こんにちわ。

緒方こむぎです。

 

今日は、先日行われた千聖さんのソロプロジェクトツアー名古屋公演のライブレポートを書きたいと思います!

 

いつもより緊張しております(笑)

 

千聖さんといえば、かの有名なPENICILLINのギタリストPENICILLINの代表曲は、以前某ラジオ番組のコーナーのアニメ特集でご紹介させて頂いたロマンスです。

 千聖さんは、ソロでも活動しています。また、PENICILLINとはまた別にソロプロジェクトのCrack6というバンドでボーカルとギターを担当しています。

 Hybrid Music Project"なるコンセプトを掲げ、既存のイメージに捉われない多彩な音楽表現を展開してきたCrack6

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6188.JPG

そして今回66日に千聖さんソロと千聖さんソロプロジェクトのCrack6のスプリット・シングル「ジキルの空/MAD RIDER」がリリースされました!

 

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6186.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6187.JPG


千聖さん名義のソロシングルとしては、なんと、、、約19年振りだそうです!

 そんな「ジキルの空/MAD RIDER」を引き下げたツアー、名古屋公演に潜入してきました!

 

会場は、名古屋ell.SIZE。名古屋の有名な商店街、大須商店街にあるライブハウスです。

会場に入るなり、入口ギリギリまでお客さんがたくさん。

 外も充分暑かったんですが、なんなら、会場内の熱気の方があつい!会場の熱気と満員のお客さんのボルテージが上がる中、ステージは幕を開けました。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6350.JPG

キャッチーなサビが印象的な「Loveless」が流れ出すと、会場からは歓声が。一曲目から会場は一丸となり、TENZIXX (長野 典二 from everset)が千聖さんになりきって作ったという「Crazy Sky」は、アグレッシブな印象を受けます。

 

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6347.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6346.JPG


この日初めてのMCでは、「名古屋帰ってきたよ」という千聖さんの声に名古屋のお客さんもモチベーションがさらに上がったよう。なんと千聖さん、頚椎ヘルニアで治療中だそうで、ギターを弾いたり、激しい動きをするなどをお医者さんから止められてるとの事でした。立って普通に歌っている分には、ライブには支障がないそうですが、普段千聖さんは、ギターを弾きながら歌っているので、ギターをあまり弾かないライブは、珍しく手持ち無沙汰なんだそう。腕くみしてればいいの?となんだかお茶目な千聖さんを垣間見れるMCでした。

 

千聖さんのあおりと共に、2ブロック目に突入し、「773Hの前奏が流れ始めると、会場からは歓声が。初期のCrack6名曲「Cool Moon」は、どこか悲しげで歌謡曲を思わせるようなムーディーなナンバー。

 

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6345.JPG


2回目のMCで、今回の19年振りの千聖ソロシングル「ジキルの空」について話すと、そのまま「ジキルの空」に突入。

ハイパーなデジタルサンバ的なリズムをベースにした「ジキルの空」は、"ハレルヤ"を合言葉に聞いている人に元気を与えてくれます。千聖ワールドに惹き込まれた観客が一体となって、手を挙げ空間を作り出します。


_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6343.JPG
 

ファン投票により作られたベスト・アルバムにも収録されている、CYBER ROSE XX ver.~」、そして今まであまり演奏された事のないレア曲「NO REASON」と続き、ライブは中盤を迎えます。

 

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6348.JPG

千聖さんの「夏だぜー!飛ばすぞ」の掛け声とともに、「Violet Eyes」「666 Ver. XX~」。「マリーゴールド」では観客もタオルを振り回し会場にさらなる一体感が生まれます。最後の曲は、"Just For Venus Sick For Venus"の歌い出しで始まった「VENUSXX ver.~」

 

アンコールでは、全員このツアーのグッズのTシャツに着替えて当時。今回のツアーのメイン楽曲、「MAD RIDER」を歌い上げる。一気に書き上げたというこの楽曲は、破壊的なイメージ、サウンドになっています。


_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6344.JPG

このあと、MCでは今回ツアーのグッズ紹介がされ「キラキラ」この日2回目となる「ジキルの空」が披露され、まだまだ静まらない会場は、ダブルアンコールはへ突入。「BANG!」「NEO」。予定では、「NEOの1曲だけだったようで、ステージ場で急遽千聖さんが演奏する曲を決定。お互いにみんなで顔色を伺いながら、どの曲?あれ?あの曲?と顔を見合わせるサプライズを披露。ここでまた千聖さんのおちゃめなサプライズを垣間見れました。

 

 

 

 

《セットリスト》

 

SE

1 Loveless

2 770R

3 Crazy Sky

 

MC

 

4 773H

5 Sisyphus 1996

6 Cool Moon

 

MC 

 

ジキルの空

8 CYBER ROSEXX ver.

9 Bass Solo

10 NO REASON

 

MC

 

11 Violet Eyes

12 666XX ver.

13 マリーゴールド

14 VENUSXX ver.

 

ENCORE1

15 MAD RIDER

 

MC

 

16 キラキラ

17 ジキルの空

 

ENCORE2 

 

18 BANG!

19 NEO

 

 

Crack6 公式HP

http://sp6.crack6mobile.jp

 

ライター 緒方こむぎ

緒方こむぎ 公式Twitter 

http://twitter.com/k0mug1k0pank0

@k0mug1k0channel

緒方こむぎ 公式ブログ

https://lineblog.me/k0mug1k0/

 

 

ライター 緒方こむぎ

写真 DUPLEX DEVELOPMENTS JAPAN