前回の記事に書いた変人天下一武道会というカオスなイベントの打ち上げで、久々にジョー君と深く語ることができた。



僕は、ジョー君がいるような世界に僕も行きたいということを話した。


具体的に言うのは難しいけれど、

要は世間で話題の起業家や、インフルエンサー、芸能人みたいな有名人がいる世界だ。


そこに対して明確な目的があるわけではないけど、知らない世界を見たい。


それに対してジョー君がめちゃくちゃ面白い話をしてくれた。


インフルエンサーが持っている力は企画力


ジョー君は、インフルエンサーが持っている力は企画力だと言った。


企画力っていうのは言い換えると、次々と面白いアイディアを生み出す発想力とも言える。


それを磨くためには、物事を多面的にみる癖をつけることと、それをもとに仮説検証する習慣をつけること。


例えば、ボクシングのジャブを教わったときにその通りにただやる人もいれば、
自分で軌道を変えたり、力の入れ方を変えてみたりすることでより早くなるやり方を見つけたりすることがある。
それに気づけるかどうかは後に大きな差となっていく。


これは遊びを作る感覚と似ていて、鬼ごっこをチーム制にしたり、得点を加えたりして、アレンジをしていくみたいなのと近い。


夢とかやりたいことがないって人はこの企画力がない。
つまり、自分自身で面白いことを作り出せない。


インフルエンサーみたいに影響力を持ちたかったら、この多面的な視点での仮説検証をもう少し長期スパンと広い視野を持ってやらないといけない。


重要なことは、
日々物事を観察し、気付きをメモりまくること。
それがある瞬間に、あのときのあの気づきと組み合わせられる!って結びついたときに企画が生まれる。


ジョーくんは普段からめちゃくちゃメモを取ってるらしいんだけど、後から検索をかけて結びつけられるように全てスマホのメモ機能でメモってるらしい。


その蓄積した気付きを表現する方法は人それぞれで、YouTubeみたいな視覚メディアだと若い人が集まりやすいし、ブログのような思考のメディアだと、考え方に共感した優秀なブレーンが集まりやすい。


ただ、新しい流行りを作るのは基本10代からなのでたぶん動画メディアが一番バズりやすいと思う。(これは僕の考え)


自分にあった共感を呼ぶ発信の形を見つけていくことで、個人がブランド化に向かっていく。


全部言うやつが勝つ


今回、ジョー君と話した中で一番印象に残ったのは、「全部言うやつが勝つ」という言葉。


僕は発信する内容についてどこまで言うのかっていうのを多少考えてしまってる部分があった。


そこまで強く意識してるわけじゃないけど、
普段気付いたことの中にわざわざ発信しなくてもいいかなって思って発信していないものもあった。


そういえばこの間書いた「金稼ぎたい」っていうのも思い始めてから、ブログに書こうって思うまで少し期間があった。


でも、僕がジョー君と話した中で、まだ発信してなかった気づきに対して、ジョー君はそういうの全部発信した方がいいって断言した。


全部言うやつが勝つねんって。


つまり、どこまで話すかとか一切考えずに、思ったこととか気付いたこととか、本音を全部発信するやつが共感を呼んで、影響力を伸ばすことが出来る。


僕はハッとした。

そうかってめっちゃ思った。


でも後から考えると、影響力を持ってる人は確かにみんなそうかもしれない。


堀江さんとか特にそうだと思う。

誤解を招いてよく炎上したりしているけど、同時に強い支持も集めている。


西野さんや箕輪さんとかもそうだなと思う。


そこで起こる賛否に耐えうるメンタルを持っているかも重要かも知れない。


横移動の時代


ジョー君は今は横移動の時代だっていう話もしていた。


今、ジョー君はYouTubeと全く違うことに挑戦しようとしている。


ひとつのことでまず数を集めることは重要だけど、その先横移動して別のフィールドで自分を高めることで、影響力や個人としての価値みたいなものを飛躍的に伸ばすことが出来る。


これは完全に堀江さんの「多動力」のことだなと思った。


こういうのを自分なりの言葉と実体験をもとに語るところがジョー君の凄いところ。


僕のこれからについて


前回の記事で書いたけど、正直僕の人生はもう、有名になっていくしかないって気がしている。


ハッキリと語れる大義名分みたいなものは何もないんだけれど、

長期間退屈から逃れられて見たことない世界にいくにはそれしかないって気がする。


でも、同時にどこかで怖れのようなものがあって、踏ん切りがついていない。


たぶんまだ批判や他人からの言葉に対して耐性ができていない。


でも、とにかく企画の種を大量にメモって、それを発信していきます。


良かったら見ててください。




IMG_20180910_015328.jpg