18-08-29-02-30-06-349_deco.jpg

前回の記事で紹介したキングコング西野さんが作ったしるし書店で、出品を始めた僕ですが、
これから力を入れて真剣にやっていこうと思います!



いっぱい本を読んで、その視点を売る。
つまり、"読書屋"になります。


読書屋になろうと思った理由は、2つ。


1つは、元々本をよく読むので、読んだ本をしるし書店で販売すれば、コンスタントに新しい本を買う資金を作れるので、ひたすら学ぶことが出来るということ。
これは元々思っていたことだけど何となく面倒でやってなかった。


決め手は、2つ目の理由。それは何かというと、現状誰もしるし書店をガチで活用していない!!!

ということ。


しるし書店は、西野さんのオンラインサロンを中心にそれなりの認知度があるけど、そこまで力入れてやってる人がいない。
ざっと見た感じ、一番多く出品してる方で10冊くらいしか出していない!!

読書屋を過去に名乗った人もいたけど、

どうやら覚めてしまったみたい。


なんかそれ見てピーンと来た。


僕はなんかこういう誰も熱量注いでないところを見るとやる気が湧く。


大阪キャンディもそうだった。


大阪意外と手挙げる人いないんやな~、チャンスでしかないなーと。
即行で手を挙げた!


しるし書店もとりあえず今まで読んだ本にしるしを入れて20冊くらい一気に出品します!


ちなみに、昨日発売の箕輪厚介著『死ぬこと以外かすり傷』発売日に全部読んでしるし入れて出品しました!!!

話題の天才編集者の著書!発売日当日にしるし入れて出品します!! | しるし書店
話題の天才編集者、箕輪厚介の初の著書! 僕も箕輪さんには以前から注目していて、彼の手掛けた多くの本を読んできました! そして、彼自身の著書も心待ちにしていました! 感想はひとこと! めちゃくちゃ面白かった!!! 彼の体温の乗った生身の言葉に今すぐに行動を起こしたくなります。 彼の編集のごとく、発売日当日にしるしをいれて、誰よりも速く出品しました! 是非読んでください!!
markingbooks.otogimachi.jp
今後もこのスピード感でやっていきます。

今気になっている本もいくつかあるので、発売したらその日にしるし入れて出品したいと思います。


ちゃんと全部真剣に読むので、そこはご心配なく。


なぜなら出品するために読むのではなく、元々読みたい本が尽きなくて読書屋になることを決めたので。

そこで読み込みが浅くなったら元も子もない。


この本にしるし入れて欲しい!とか、

これ面白かったよー!とかあれば、

是非その本プレゼントしてください。笑


興味無さすぎたり、難しすぎると読まないかもですけど。。。笑


今後のジャスティンの読書屋としての活動にもご注目下さい!♪