18-08-26-00-16-43-030_deco.jpg


アホそうに見えて、実は日頃から本を5冊くらい平行で読む癖のある僕ですが、

この度遂にしるし書店デビューします!!👏👏


しるし書店とは!?


しるし書店というのは、キングコング西野さんが作ったサービスで、

個人が読んだ本にラインや書き込みを入れて販売するというものです! 


誰が読んだ本でも古本は全て値段が下がるのはおかしい!という西野さんの考えから生まれたもので、

例えば、イチローが読んでラインを引いた野球に関する本や、孫正義が書き込みしたビジネス本の価値は欲しい人にとっては物凄く高いものになる。


有名な人に限らず、自分の尊敬する人、好きな人の"しるし本"はその人にとっては凄く価値のあるものになる。


その人の"視点"を売るということです。


最近でいうと、西野さんのお母さんがしるしを入れた『革命のファンファーレ』がなんと、30万円で売れました!


かねてからこのサービスを面白いと思っていた僕ですが、しるしを入れるのに考えすぎてしまい、時間がかかってなかなか出品出来ずにいました。


そして、やっとのことで一冊仕上げて出品しました!!!

僕の人生を大きく変えた本『人生の勝算』です!

この本が発売した頃、僕はバーを作りたいと思っていたけど、まだイメージが明確になっていませんでした。
そんなときに、たまたま書店でこの本を手にとって、読んでみると僕のやりたかったことが明確に書かれているように感じました。

当時、僕は前田さんのことも、SHOWROOMのことも全く知りませんでした。

そのあとに、西野さんに興味を持って、二人が一緒にスナックキャンディを作ると言い出しました。
しかも、作りたい人がいたら作っていいと。

それを聞いてすぐに西野さんに会いに行って、大阪にスナックキャンディを作りました。

まさかそれから一年足らずで、プライベートな席に、前田さんと同席させて頂けるようになるとは思いもしませんでした。

今回のしるし本には、前田さんとお会いしたときに直接話したことや、今の大阪キャンディに通ずる部分を意識して、たくさん文字を書き込みました。

IMG_20180801_174344.jpg
しるし書店こんな書き込むやついるんかな。笑
結構頑張りました。

僕にとって全てのキッカケになった一冊なので値段はあえて高めに設定しました。

この値段で売れる自分になれるように頑張ります。

大阪キャンディオーナージャスティンの全ての始まり! | しるし書店
正真正銘僕の人生を変えた本です! この本が発売した頃、僕はバーを作りたいと思っていたけど、まだイメージが明確になっていませんでした。 そんなときに、たまたま書店でこの本を手にとって、読んでみると僕のやりたかったことが明確に書かれているように感じました。 そのあとに、西野さんに興味を持って、二人が一緒にスナックキャンディを作ると言い出しました。 しかも、作りたい人がいたら作っていいと。 それを聞いてすぐに西野さんに会いに行って、大阪にスナックキャンディを作りました。 まさかそれから一年足らずで、プライベートな席に、前田さんと同席させて頂けるようになるとは思いもしませんでした。 今回のしるし本には、前田さんとお会いしたときに直接話したことや、今の大阪キャンディに通ずる部分を意識して、たくさん文字を書き込みました。 僕にとって全てのキッカケになった一冊なので値段はあえて高めに設定しました。 この値段で売れる自分になれるように頑張ります。
markingbooks.otogimachi.jp

これから、自分の人生に大きな影響を与えてくれた本を中心に、しるし本出品していくので、楽しみにしていて下さい♪

宜しくお願いします!!!

リンクから常連客登録ができるので、是非、お願いします!!!↓
大阪キャンディオーナージャスティンの全ての始まり! | しるし書店
正真正銘僕の人生を変えた本です! この本が発売した頃、僕はバーを作りたいと思っていたけど、まだイメージが明確になっていませんでした。 そんなときに、たまたま書店でこの本を手にとって、読んでみると僕のやりたかったことが明確に書かれているように感じました。 そのあとに、西野さんに興味を持って、二人が一緒にスナックキャンディを作ると言い出しました。 しかも、作りたい人がいたら作っていいと。 それを聞いてすぐに西野さんに会いに行って、大阪にスナックキャンディを作りました。 まさかそれから一年足らずで、プライベートな席に、前田さんと同席させて頂けるようになるとは思いもしませんでした。 今回のしるし本には、前田さんとお会いしたときに直接話したことや、今の大阪キャンディに通ずる部分を意識して、たくさん文字を書き込みました。 僕にとって全てのキッカケになった一冊なので値段はあえて高めに設定しました。 この値段で売れる自分になれるように頑張ります。
markingbooks.otogimachi.jp