月別アーカイブ / 2018年08月

会社の大先輩からOM-D EM-1をお借りして、あかりちゃん撮影を楽しみました。
(※エントリー中の写真と本文はあまり関係がありません。)
MTJDojsC_i.jpg


正直、やっぱり動体撮影はフルサイズか、SONYか、新しいマウントに移行かなぁ、等という考えが頭を過ぎりましたが、結果として、まだまだマイクロフォーサーズで行こう! と思える内容でした。それ程、OM-Dはポテンシャルがあった感じです。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1397.JPG

何度もこのブログで書いていますが、やはり自分の状況に鑑みると、マイクロフォーサーズがベストです。悲しいかな雇われ人(サラリーマン)なので、自由になる時間は基本週末ですし、その時間は家族と過ごしたい。なので撮影のためだけにお出かけする機会はなかなかありません。旅行やお散歩など、何かのお出掛けの際に撮影となりますので(まあ基本スナップショットですから(^^))可搬性の高いマイクロフォーサーズが色々と都合が良い。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1525.JPG

さて、今回のOM-Dの試用でマウントに対する悩みがなくなった一方、新しいカメラが欲しいという気持ちがむくむくと…。あぁ、どうしよう。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1454.JPG


スナップにはGX8とGM5という、私の大好きなレンジファインダータイプがありますから、やはりアウトドア・自然で使うタフな一眼タイプが欲しくなります、当然動体撮影に強いカメラで。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1505.JPG


そうなると、現在思い浮かぶのが次の3つの選択肢。

1. OM-D EM-1
発売から2年がたちますが、なかなかどうして、今でも全く見劣りしない良いカメラです。フルサイズを使っていた人(プロも含む)がOM-Dに移行したという話を聞いたことが何度もありますが、カメラをかじったことがある人が一度使えば「成る程納得」という良いカメラでした。

2. Lumix G9
一方、今年発売されたLumix G9。
こちらはAFにコントラスト方式を採用し、像面位相差を採用していませんが
パナソニック独自のDFD(?だったかな)を採用し、動体追従もバッチリとのこと。Lumixの場合、今のレンズ資産との相性が良いところはGood Pointなんですが、いかんせんボディが大きい気がします。
やっぱりボディサイズはG8やOM-D EM-1ぐらいが好ましいかな。折角のマイクロフォーサーズだし。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1546.JPG
…そういえば、私はカメラバックはPEAKDESIGNを利用しているのですが、マイクロフォーサーズのカメラ二台(GX8とG8)を入れると結構パンパンになります。フルサイズって、あのカバンにちゃんと入るのかなぁ(いや、そりゃ入るんでしょうけど…)。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9633.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9631.JPG

3. 2019年発売予定?の新型OM-D
そして、期待大なのがコレ。
OLYMPUSが創業100周年に合わせて発売するであろう新型カメラ。OM-D EM-1 MK2を凌駕する新製品を出すと大いに話題となっています(上のリンク先のコメント欄の荒れ方が面白い)。
技術的なブレイクスルーを伴う新製品だったら、M43を新たな次元に連れて行ってくれるのだろうか、とオリンパスユーザーでなくとも期待してしまいます。
ただ、問題はお値段が…。どれぐらいの価格になるんでしょうね。お金と発売まで我慢できる心があれば、コレが本命でしょうか。



さぁ、色々悩ましい。
悩むのも楽しいのが趣味ですけどね♪
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1362.JPEG

(つづく)

さて、前回のエントリーの続きで、今回はLumix G8で撮った写真を載せてみたいと思います。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1537.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1531.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1532.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1533.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1534.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1535.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1536.JPG
撮影している時は、やはりピントの甘さがあり、AFの追従が追いついていない印象でした。ただ、シャッタースピードを上げるのを忘れていたので(これは1/125秒)、被写体ブレなのかなぁ、とも今は思っています。


再トライ。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1508.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1509.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1510.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1511.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1512.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1513.JPG
今回は、OM-Dとの撮り比べのつもりで持って来ていたので、事前に少しセッティングを変えていました(AFエリア、静音シャッター等)。そうすると、いつもよりはAFの食いつきが良い様に感じました。 
OM-Dには劣りますが、セッティングを煮詰めればまだまだ改善の余地はあるかと感じています。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1519.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1520.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1518.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1517.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1516.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1529.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1530.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1528.JPG
シャッタースピードに起因する被写体ブレの要素が大きそうです。まだまだ腕が未熟ですね。もう少し色々勉強しなければならないな、と痛感。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1541.JPG
今回の撮影には、Leica銘のレンズを使用しました。
ZUIKOのクッキリ・ハッキリの描写も良いですが、LEICAはハマると何とも言えない情景を映し出すことがある気がします。

まだまだマイクロフォーサーズで楽しめそうです。

さぁ、撮り比べの結果を受け、あかりぱぱはどう動くのか?
(OM-D欲しくなった! それともG9? あぁ、どうしよう〜)

 考察は次回に。


(つづく)

さて、この間の多摩川散歩で借り物のOM-D EM-1で写真を撮ってみました。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1492.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1493.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1494.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1495.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1496.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1497.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1498.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1499.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1500.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1501.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1502.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1503.JPG
結構良く食いついている! という印象でした。
後半追いついていない感じがありますが、これはシャッタースピードが遅い為の被写体ブレかもしれません。

そこで、シャッタースピードを1/1000にして(その分画像は暗くなりますが)、再トライ。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1441.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1442.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1443.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1444.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1445.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1446.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1447.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1448.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1449.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1450.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1451.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1452.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1453.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1454.JPG
良い感じで食いついている気がします。
(ただ、このブログの編集画面でみると、なんだかちょっとボケている様に見えますね。)

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1394.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1455.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1456.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1457.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1458.JPG
印象としては、かなり良くAFは追従していると思いました。この写真の後半ピントが甘いのは、あかりちゃんが最短焦点距離より近くに来ちゃったからだと思います。

しかし、ロクにセッティング等も詰めず、イキナリ撮ってコレですから、結構良い線いっているんじゃ無いかと思いました。

しかも、多摩川散歩は基本夕方ですので、帰る前には結構暗くなります。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1543.JPG
最終的には、こんな感じの暗さでした。
良く考えれば動体撮影には厳しいシチュエーション。シャッタースピードもあげられないし。これらを考慮すると、OM-D EM-1はかなりのパフォーマンスだし、マイクロフォーサーズでもまだまだイケるんだ!と実感しました。

…ついていたレンズも良いレンズなんですけどね。

動体撮影とかだと、フルサイズ一眼レフが良いとか、SONYのα7(9?)等が良いと言われますが、今回の撮影結果や機材の価格・重量(=可搬性)等を総合的に考えて、やっぱりマイクロフォーサーズが良いんじゃないか、と思いました。

次回は、G8で撮った写真を載せてみたいと思います。


(つづく)

↑このページのトップへ