今年始めの春の雷がサヨナラ告げた
                   風 風 きっと吹くな
   
   君はスカートの裾を気にしながら駅に消えた
                    風 風 きっと吹くな

   明日は雨予報 立ち尽くしてただけの僕の傘杖のように固まった

                   南南西から鳴く風
                     なぜか流れた涙
                    なんてたって春だ

                    南南西から鳴く風
                    なぜか流れた涙が
                          多分 春か

       今年二度目の春の雷で早歩きした
                  雨 雨 きっと降るな
 歩き慣れた道 横目で見た赤いツツジの花
                おもむろに揺れたんだ

                   南南西から鳴く風
                    なぜか流れた涙
                   なんてたって春だ

                    南南西から鳴く風
                    なぜか流れた涙が
                    なんてたって春だ

          だんだん君は大人になっていた
                           流れた涙
                    なんてたって春だ

          だんだん僕も大人になっていた
                流れた涙は多分 春だ

                  
f90KuFxNXO.548.jpeg
  ( サカナクション )