月別アーカイブ / 2019年02月

ファンクラブイベント第二部、行ってきました!

まず、最初に運営スタッフの皆様に謝罪しなければなりません d(^^;;。
というのも前回のブログの冒頭で、ファンクラブイベントは外れ席と書きましたが、1F29列目舞台向かって左側、つまり目の前は中央通路で、距離はあるもののかなり見やすい席でした!しかも客席入口から入場してきたメンバー(3、7、11)が目の前を通過、さらに美怜ちゃんは、自ら近寄ってきて軽くハイタッチしてくれました!!(/・ω・)/!!
昨年末の大学芸会の練習中、舞台から落下して怪我をした美怜ちゃん。怪我の詳細等がよく分からなかったのでひょっとしたら大きな裂傷等あるのかと勝手に不安に思っていましたが、今までと変わらない綺麗で可愛い美怜ちゃんでした。

MCはマネージャーのウッチーこと隅内さん@ノースリーブとDJタミフルこと松井さん。生タミフル!(・∀・)! 隣の席の子たちも自己紹介前から「タミフルじゃん!」とか言ってたので結構みんな知ってるのね(笑)そしてエビ中メンバーも言ってたけど、ウッチー登場時の歓声は最早ただの一般マネージャーとは思えない(笑)

あちこちで上がっていますが、第二部の人気投票の順位は以下の通り。
10位:梅
9位:日進月歩
8位:どしゃぶりリグレット
7位:大爆発NO.1
6位:春モラトリアム中学生
5位:PLAYBACK
4位:約束
3位:パクチー
2位:エビ中出席番号の歌その2
1位:いつかのメイドインジャピャ~ン

第一部と1,2位は一緒、パクチーも共に上位入りということですが、他は微妙に良い感じに異なる結果(セトリ)になりました。定番曲、上げ曲として一部では、YELL、大目玉、インフィニティ―、これに対し二部では日進月歩、梅、春モラ。懐かしの曲として一部ではなにがなんでも、二部では大爆発。レア曲として一部ではAnotherDay、二部ではどしゃぶり。そして一部のイイトモと二部の約束。

なんとな~く、一部と二部のバランスが良い感じになっている気がします(笑)
ちなみに投票の3曲、私はパクチー、キャンディロッガー、大漁恵比寿節に応募していましたので、トップ10入りはパクチーのみ。今は全員で歌っていますが、昔の様にバラバラに割り振って歌ってみても良いと思うのですが…というのは個人的な感想です。
それから大爆発NO.1は聞き応えがありました。ZONEの2001年リリースのカバー曲ですが、エビ中インディーズ初CDで、なにがなんでもと共に収録された曲です。年1,2回聞いているのですが、今はみんなの歌唱力が昔とは比べ物にならないほど上がっているので、曲の雰囲気が全然違いました。第一部のなにがなんでもも聞きたかったなぁ…。
どしゃぶり春モラで奇声を上げる厄介者の数も少なくなってきたので最近は心穏やかに聞くことが出来ます(笑)あ、個人的にの「梅パチ(クラップ)」はやらないですが、やりたい人は別に構わないんじゃないかなと思う派です。むしろ、梅では「莉子ラップ」が楽しくてしょうがない(笑)
出席番号の歌その2は、予想通りですが、ぁぃちゃんとりななんのパートは削除されていました。なんか少し寂しいですが、いつまでも引きずっていては駄目ということでしょうか。一方、美怜ちゃんのパートは全員で。後でウッチーに「キャピキャピ感が足りない」と駄目だしされていましたが、まやちゃんが「もう美怜ちゃんはBorn to be Idolじゃないから(笑)」と返答。個人的には、出席番号の歌その3がそのうちお披露目されるような印象を受けました。

6位から5位の間はユニット曲。
そろそろくるぞ(まや、莉子)with DJタミフル→元々は莉奈、ひな with DJタミフル
宇宙戦争宣戦布告(彩、ひな)→元々はまや、歌穂
for you(歌穂、莉子)→元々はなつ・美怜
アパレルダーV(ひな、歌穂)→元々はりな、莉子
光年の愛(まや、彩)→元々はぁぃ、ひな
そろそろくるぞでは、どうしてもりななんを想い出してしまいます。でも、莉子ちゃんがまやちゃんを背負うシーン、莉子「またぁ?( ;∀;)」には爆笑。タミフルさんの「インフルエンザ~!」はCD音源と全く一緒でした。
宇宙戦争は彩ちゃんが自由だったため、ひなちゃんが途中で噴き出す場面もw
for youは生で見たの初めてです。これも、そろそろくるぞ、kindness、たそがれシアター、老醜ブレイカーと一緒で、2012年12月の中野サンプラザでの大学芸会で披露された、なっちゃんと美怜ちゃんのユニットですね。やかんの使い方は元祖の方が上手かったような(笑)
アパレルダーVもひなちゃんのドヤ顔が、まるで当時のりななんの様でした。歌穂「制服がコスプレになる前に」ひな「お前もあと1か月だよ!」爆笑 一部ではひなちゃんが「もうコスプレだよ!」と返したそうですね(笑)
光年の愛は、元祖が歌わないという縛りならば、まやちゃんと彩ちゃんの組み合わせしかないでしょう。でもまやちゃんの声量が彩ちゃんを大きく上回っていて、なかなかバランスが難しい曲だなと改めて思いました。

続いてガチでランダムソロ曲。莉子、ひな、歌穂、まや、彩の順にバズーカーでサインボールを打って、取った人が曲決め一度だけパス出来るというルール。
感情電車(莉子)
キミに39(ひな)
またあえるかな(歌穂)
制服報連相ファンク(まや)
Fantastic Baby Love(彩)
莉子ちゃん、感情電車のリクエストにガチで嫌がる(笑)そして念のため聞いた第二希望が春の嵐で莉子ちゃんさらに嫌がる(笑)どうやらメンバーのオリジナルのソロ曲を想定していたらしい。でも嫌々ながら歌詞ガン見で歌った感情電車は思ったより良くてびっくりです。なぜあんなにも嫌がったのか。もっと莉子ちゃん自信もって良いですよ!
で、万が一私がリクエスト者になったら、キミに39を、出来れば彩ちゃんに歌ってもらいたいなぁと思っていたのですが、ここでキミに39が来た!ひなちゃんのキミに39はめちゃくちゃ上手い上に、時々美怜ちゃんのキャピキャピ感を出してくれるというファンサービス。客席右側の丁度2階席と3階席の中間付近に見えるガラス窓で仕切られた部屋からは、ケチャをやってる美怜ちゃんの姿も!基本、外(私達)から見えないように暗くしている部屋ですが、この時ばかりはスタッフさんも気を利かせてくれて、美怜ちゃんの部屋の電気をうっすら付けて、こちら(私達)から美怜ちゃんが応援している姿を見えるようにしてくれました
歌穂ちゃんのまたあえるかなは、先日私もエビネギFinalで聴いたばかりだったんですが、リクエスト者はそれを聴いていないということでリクエスト通りに決定。相変わらず優しい歌声で、歌穂ちゃんならではのまたあえるかなでした。
報連相ファンクは巻き舌まやちゃんが全開でした。後のMCでまやちゃん曰く、収録の時、全部没になった歌い方で歌った(笑)とのことです。
最後の彩ちゃんのFantastic Baby Loveは、ひなちゃん自身もずっと歌っておらず5年ぶりとのこと。ということは2014年の東西大学芸会(東京)で生で聴いて以来かな?彩ちゃんワールド全開でした。後で美怜ちゃん曰く「そっち(お笑い)できたか」、彩ちゃん「今日はお父さん来てるから、後で怒られる!」いやいや、ファンクラブイベントならではのおふざけで、かといってふざけすぎることもなく、絶妙な塩梅だったと思いますよ。

最後は一部に続いて初披露となった曇天で締め。MVがアニメなので今回初めて振付を見たわけですが、すぐにホナガヨウコさんかな?と思いました。藍色~、春の嵐、靴紐~、朝顔の振付を担当された方です。特徴としては激しいヒップホップというわけではなく、どこかミュージカル的で踊りに意味を持たせる感じでしょうか。ちょっと序盤の特効テープや美怜ちゃんの様子に集中してしまって、曲の振付として全体をじっくり見ることが出来なかったので、春ツアーで見るのをまた楽しみにしたいと思っています。(そうそう、春ツアーは宮城@着席と大阪に今の所行く予定です。)

今回のファンクラブイベントは、リクエスト曲トップ10に加え、なかなか普段聴く事の出来ない大学芸会のユニット曲さらには参加者がリクエストするガチのランダムソロコーナーと、100%ファンに寄り添ってくれた素晴らしいイベントだったと思いますメンバー、スタッフの皆さん、最高の一日を有難うございました。

基本的にライブ後やイベント後しかブログを書かないのですが。

さて、まずは…、
ひなちゃんのソロコン外れた…!2年連続で外れるとは…°・(ノД`)・°・
今週末のファンクラブイベントも外れ席ですし(というか、最初の応募でこの席なのにまだ追加募集するって…(´・ω・`))、そういや、年始の放送部公開収録も最後列でしたし…今年のこれからの席運に期待します。

春ツアーはそのうち大都市のホールが追加されることを信じてあまり応募しませんでした。真山身長の妻が、ライブハウスは見えないので嫌がるんですよね、たとえ女子供ゾーンでも。なので、正確には、一カ所除いて着席観覧席ばかり応募したのですが、まぁ多分外れるでしょうd(^^;;

ツーショット会は一応応募した物はほぼ当たりました。その後で(サボれない)国内出張が入ったのでひょっとしたら最悪行けなくなるかもしれません。2日間で、東京(ツーショット)→北海道(遅刻&早退)→名古屋(パシャ)→関西(遅刻)と移動しなくてはなりません…。一方、3月のフリーライブ関東は行けそうかな?

あと、最近ではエビ中カレンダーと装苑買いました(エビコレは勿論毎月買っています)。一時に比べたら随分、エビ中のメディアへの露出は減ったように思います。書籍だけを考えてみても、BLTやQJ等のアイドル本を始めとして、各週刊誌のグラビアや装苑やsmart等のお洒落本、当時はお財布との相談が大変でした(笑)
o0480064013196674096.jpg
o0480064013338381398.jpg
o0480064013254857582.jpg
(全ての写真は、当時の美怜ちゃんのブログより転載)

特にグラビアですよね。脱がないのにあれだけ露出させて貰えたのは、運営の頑張りとメンバーがその都度結果を残してきたためだと思います。そして、グループではなく個人での活躍としては、声のぁぃちゃん、そしてモデルとして急激な成長を見せたりななんがメンバーを引っ張っていってくれたように思います。

りななんとのツーショット、握手会の想い出や、(以前書きましたが)結局お互い会えずじまいになってしまった妻とのやりとり等は、今回は語りません。
ただ、多くの人に松野莉奈さんを忘れないでいて貰うためには、メンバーがもっともっと活躍するしか無いと思います。(あとは、総理大臣とかノーベル賞受賞者とかが、直接ファンを公言してくれる、という可能性もありますが(笑))

結成10周年節目の年、年末の紅白に出るのは既定路線として、出来ればそれ以上の活躍をして貰いたい、そう思っています!

私も、これからも青いペンライトを胸に応援していきます。

DSC_0731.jpg
遅ればせながら、エビネギファイナルの簡易レポです。
ちなみに妻はエビネギ2も一人で行ったらしい。(私はその時、国外……)

カラオケの設定。衣装は決まった予算内でみんなで購入したらしい。彩ちゃんは予算の使い方が上手い上に即決だったらしい。白に統一した衣装。リュックを一人だけ持っていて、中に財布が入っている~と思いきや、なぜかバナナ(笑)(衣装は黒虎の学芸会ギャラリー参照)

カラオケは一人で行く派が多数。彩ちゃんだけが大勢派。でも歌わないで踊るタイプらしい。ということで、ソロやユニットの最中、ノリノリになったら踊りに行くと宣言。一方、莉子ちゃんは一人派。前日も練習してきたらしい。案外、真面目な莉子ちゃん。

席替えはクジ引きで。向かって左から1,2,3,4…何度目かのクジ引き席替えの際、なかなか座らない莉子ちゃんに、まやちゃんが「数字分からないの?w」

エビ中にもネギにも曲を提供しているレキシのキラキラ武士でスタート。誰かが思い入れのある曲と言っていた気がしますが、実は、りななんがソロコンでカバーした曲でもある…というのは考え過ぎかな?

ネギの「楽園の余韻。」をエビ中がカバーした時、まやちゃんが「こねこね こねこ」「ここねのコロネ」という歌詞を、「こねこねコロネと(笑)舞台上、みんなドツボにハマる。まやちゃん「コネコネがゲシュタルト崩壊w

ぁぃちゃんとヒャダインの懐かしの曲「アンタ」をまやちゃんとNao☆ちゃんでユニット。まや=ぁぃ、Nao=ヒャダ。店名はもちろん、「スナックまやま」。Nao☆ちゃんが超低い声で「酒もってこーい!」(笑)

ぽーちゃんの歌う「またあえるかな」は個人的にはかなり良かった。後ろで温かい目で見守っている彩ちゃんが印象深い。

Nao☆ちゃんのソロ「キミに39」では、ついに彩ちゃんが躍り出す(笑)ブリブリの美怜ちゃんの物真似は最早ネタとして鉄板(笑)

彩ちゃんとぽんちゃのたそがれシアターも秀逸。実はぽんちゃがエビ中を知って好きになったきっかけは、タワレコで彩ちゃんが「またあえるかな」を歌っている映像を見た時かららしい。

ひな、歌穂、莉子、Nao☆のロマンティック浮かれモードは、後ろで残りのメンバーがオタ芸。四人も一緒にオタ芸。(/・ω・)/(/・ω・)/ 楽しかった(笑)
ふと、これを思い出した(笑)(界隈では有名な古い動画ですw)「ヒナサマヒナサマオシオキキボンヌ(笑)」

アンコールはカラオケBoxになぞらえて「えーんちょう!えーんちょう!」
そのうち「エビ!」「ネギ!」という声も重なり、結局、「えーんちょう!(エビ!)えーんちょう!(ネギ!)」というなんだか癖になるアンコール。

アンコールではエビネギ4日目にして初めて本家バーディアお披露目。バーディア良いですね、やっぱ。勿論、個人的にも初生バーディア。エビ中が池ちゃん本人に「バーディアを超える曲を作って」といった気持ちも良く分かる(笑)

カラオケ設定、美怜ちゃんは絶対ハマるからまた美怜ちゃん復帰してからエビネギやりたい、と皆。勿論、私もその日を楽しみにしています。
エビネギtheFINALと言うタイトルでしたので、これが生涯最後?とか少し思ってしまいましたが、そんなことは無さそうなので安心しました。楽しかったのは勿論ですが、確かに優しい空間を共有出来たことが良い思い出になりました。次は本当に美怜ちゃんも一緒に!


Twitterで見かけたんですが、開演前にかかっていた曲、昨年解散したアイドル曲ばかりだったとか。

↑このページのトップへ