こんばんわ。
申です。
すごしやすい、天候になりました。

今日は、船山貴之、タカについて話そうと思う。

言わずと知れた、サポーターから愛された男。

タカがジェフを去ると聞いたときは、俺だけじゃなく周りの人達も耳を疑った。

えっ?大丈夫か?

時間がたって冷静に考えればチームイノベーションは必要だし、現場にはそれなりの中期的な戦略があったんだろう。と推測する。

俺はタカがプレーヤーとしても人としても好きだ。

タカのプレーはみんなが知っての通りなので、いまさら自分が説明する必要もない。
ただ一つ、俺が言えるのは何時も"頼れる男"だった。ここ一番の勝負強さはこれぞ、タカという代名詞だった。

タカという男は、人としても魅力的な男だった。
当時、ジェフにスタッフで入りたての俺を、何の偏見も区別もなく迎えてくれた。
(それはみんなそう)

あれだけの実績を持ちながらも、色々と吸収するために俺の意見も真摯に受け入れてた。
(シュート練習に付き合う時はうるさかった。笑笑)
調子を落としスタメンから外された時も、"チームのためだから"と受け入れた。

サイゼリヤで二人でチームのことや、今後のサッカー人生についても話し合った。

チームをまず第一に考え、チームメイトをリスペクトしチームスタッフに気遣い、家族を大事にする本当に愛されるべき男だった。

タカは今、全身全霊をかけて、相模原とサポーターのために戦っている。
ジェフにいた時と同じ気持ちで。

そんな走り続ける彼をテレビ越しで観て思うことがある。

私達は、選手やスタッフ、アカデミー、サポーター、スポンサーにいたるまで、いかにエンゲージメントを高められるか考える必要がある。

人がチームを構成しているから。

関わる人を大事にしたい。

タカ!俺はまだお前から学んでいる。

また、会おう!