ひょんとした繋がりが、どんどん大きくなることがある。
それがプライベートレッスンだ。
始めは友人の紹介のお子さんを見たのがキッカケなんだけど、あれよあれよと自分のキャパを越えそうな勢いだ。(もちろんありがたいお話です)
そのお陰で私自身も個人練習のレパートリーも増え有意義なトレーニングを行うことが出来ている。
皆さんに感謝です。
個人レッスンでは技術的なトレーニングを重視しながら、サッカーについての勉強を子供たちと共にディスカッションしながら私も学んでいる。子供たちの発想はまさに天才的だ。
しかし、やって行く過程でもっとも重要なのは子供と話し合って目標設定してあげることだと感じている。
それは短期、中期、長期と三段階でしてあげることがベストだ。

中学生の例え

短期 技術          (現在、在籍している部活やクラブチームで発揮できるスキル)
中期 フィジカル 精神熟成  (主に自分が受験したいJ下部組織や高校への対策推薦)
長期 プレースタイルの確立  (自分が持っている武器でプロ、大学を目指す)

こういった話を子供に設定してあげると俄然やる気が違う。
技術も目標も非現実を現実に近づけることが私の役目と思っている。
もちろん、全員がプロになることを願っている。しかし厳しい現実があるのも事実。
狭き門だよ。本当に
それを教えるのも忘れてはいけない。
けど、何より大事なのは目標を設定してそこに突き進む過程が重要。
憧れのプロになってもなれなくても、歩んできたサッカー人生は必ず活きてくるはずだから。

私も今はチャレンジャー、みんなと一緒!だからこそわかり合えるのかもしれない。
そんな私を支えてるのは間違いなく君たちです。
みんな、サンキューベリーマッチ!(笑)

父母のみなさんありがとうございます!