本日は我が母校でもある東京朝鮮高校サッカー部を訪問した。
グラウンドにはサッカー部、ラグビー部が練習しており活気と情熱が溢れている。
未来と希望を感じずにはいられん。(笑)
サッカー部は素晴らしいスタッフの環境下、とても合理的で実戦的なトレーニングを積んでいた。
何人かの学生に"Jリーガーになるのか?"と問うと"イェ!"と力強い答えが返ってきた。
未来は明るい。 
俗に注目チームは期待が大きい故に、迷走しやすい。そんなスパイラルに母校を晒さないためにも、今は監督以下スタッフを信じて静観するべきだ。
 私は東京朝鮮高校をセレソンと呼ぶ。
関係者皆が監督だからだ。けど、それは幻想に過ぎない。監督は一人であって、学生たちは監督を強く慕っている。
それがチームの礎である。
学生は私の目からしても、まだまだ足りないところは多い。しかし、それは伸びシロであって限界ではない。

学生よ。才能を開花せよ。必ずトンムたちは歴史に残るはずです。
頑張れ!東京朝鮮高校サッカー部!